体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イギリス・ブリストルの音楽シーン】黒髭海賊団のティーチの生まれた港町!?ニューイヤーズイベントに参加!

【イギリス・ブリストルの音楽シーン】黒髭海賊団のティーチの生まれた港町!?ニューイヤーズイベントに参加!

Photo credit: Harshil Shah via flickr cc

こんにちはCompathy MagazineのMari.Kです
アニメ『ワンピース』に出てくるキャラクター黒髭海賊団のティーチは実在した人物だった事は知っていますか? 私は実在していたことは知っていましたが、イギリス西部の港町ブリストルがティーチが生まれた地域だったことは知らなかったので驚きました。
そんな歴史があるブリストルは、実はイギリスのトリップ・ポッップ音楽の発祥地地としても知られる街。今回はそんなブリストルのニューイヤーズイベントに潜入してきました。

黒髭海賊団のティーチが育ったイギリス・ブリストルってどんな場所?

イギリス国内で8番目に人口の多い街とされているブリストルは、17世紀から18世紀にかけてヨーロッパ本土、アメリカ大陸および西インド諸国とアフリカを三角形に結ぶ三角貿易の主要港とされていました。ブリストンはもちろん、近くの街リヴァプールなどからも出航していたそうです。
街の風景の印象はロンドンよりか低い建物が並び、時が止まっていているような重厚感のある古い建物が多かったです。一方で新しい大きなモールもあるので、歴史だけではなくショッピングも楽しめそうですね(年末年始はレストランのみの営業でした)

ブリストルのニューイヤーズイブへの盛り上がり!上着は絶対必需品!

Photo credit: Mari Torochacha「ブリストルで過ごした年末年始
街の中心の広場には人が集まりニューイヤーが近づいてテンションが上がり叫ぶ若者もいました。
女性はドレスを着ている人が多く見受けられ、スリットが入ったものからリゾート風、ミニのタイトドレスなどドレスの種類もさまざま。上着も着ないで外を歩く姿は、お洒落は我慢! と言いますが、私には寒すぎて絶対に無理だなと思いました……。
もしブリストンで年越しするならロングやミニなどの派手なドレスを着るのも良いと思いますが、本当に寒いので風邪をひかないように上着は絶対持って行きましょう。

カウントダウンはCHRISTMAS SPIEGELTENTへ!ブリストルの音楽を体感!

Photo credit: Mari Torochacha「ブリストルで過ごした年末年始
サーカスでもやっているのかな? と思わせる様な入り口を抜け中に入ると、すぐに大きなラウンジとバースペースがありました。
フロアーは全部で3つあり中は全て黒い布で仕切られています。入ってすぐのラウンジの端の方に通路を抜けてメインフロアーに行けます。
メインフロアーには約1500人ほどの人が入れるようになっていました。その他の2ヵ所のフロアーは500人ほど入れるサブステージとなっています。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。