体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MWAM、全編東京で撮影した「Dead End in Tokyo」MVを公開!

MAN WITH A MISSIONの新曲「Dead End in Tokyo」のMVが公開された。
「Dead End in Tokyo」MV (okmusic UP's)
「Dead End in Tokyo」は、アメリカのロックバンドFall Out Boyのパトリック・スタンプをプロデューサーに迎えて制作されたもので、1月25日にリリースする最新シングルの表題曲。1月21日に公開される映画『新宿スワンII』の主題歌にも起用されている。

MVは全編東京で撮影が行なわれており、都会の喧噪の中、行き詰まり(=dead end)にもがく人間達が表現されている。ぜひチェックしてみよう。

「Dead End in Tokyo」MV
https://www.youtube.com/watch?v=JjIiK9VcIsA

シングル「Dead End in Tokyo」
2017年1月25日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

SRCL9295-96/¥1,700

【通常盤】(CD)

SRCL9297/¥1,200

<収録曲>

■CD

1.Dead End in Tokyo

2.Hey Now

3.Brave It Out

4.Raise your flag[Takkyu Ishino Twitching Acid Mix] Remixed by 石野卓球

■DVD

1.ASIA TOUR 2016 DOCUMENTARY

2.MISSION MOVIE「ホワイト・リブ -虹色のボーゲン-」第1話・最終話

◎封入特典:初回生産限定盤&通常盤共通

『Dead End in Tokyo TOUR 2017』チケット先行予約フライヤー封入

申込受付期間:2017年1月25日(水)12:00〜2月1日(水)23:59

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。