体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

盲人マッサージ店の人間模様を描き、価値観を揺さぶる衝撃作

01112

中国で20万部発行の大ヒットを記録した同名小説を映画化。2014年、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)のほか数多くの賞を受賞した、映画『ブラインド・マッサージ』がまもなく公開。

舞台は、南京のマッサージ院。ここでは、幼い頃に交通事故で視力を失い、「いつか回復する」と言われ続けた若手のシャオマー、結婚を夢見て見合いを繰り返す院長のシャー、客から「美人すぎる」と評判の新人ドゥ・ホンなど、多くの盲人が働いていた。ある日、店にシャーを頼って同級生のワンとその恋人のコンが転がり込んできたことで、それまでの平穏な日常が一転、マッサージ院に緊張が走る――。

盲人マッサージ院で巻き起こる人間模様を苛烈に描く。彼らがもがきながらも見つけた光とは? 公開は、1月14日より。

ブラインド・マッサージ
監督:ロウ・イエ
出演:ホアン・シュエン、チン・ハオ、グオ・シャオトン、メイ・ティンほか
(2014年/中国・フランス)
1月14日(土)アップリンク渋谷、新宿K’s cinemaほか全国順次公開
http://www.uplink.co.jp/blind/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。