体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SHAKALABBITSがバンドシーンを盛り上げた『CLUTCH』

2016年12月、SHAKALABBITSのオフィシャルサイトにおいて“SHAKALABBITSより重要なお知らせ”として、2017年内をもってバンドが無期限に活動を休止することが発表された。すでに、Project Nyxの第16回公演『時代はサーカスの象にのって』への参加(1月19日~23日)。2月14日には東京キネマ倶楽部にてアコースティックライヴの開催。そして、4月上旬には5年振りとなる通算8枚目のフルアルバムのリリースとそのリリースツアーの開催(5月13日~)が発表されており、そのファン、リスナーへけじめを示そうとする姿勢は何とも彼女ららしくはあるが、活動休止は残念な出来事であることは間違いない。今回はそのSHAKALABBITSの軌跡を振り返る。
『CLUTCH』(’04)/SHAKALABBITS (okmusic UP's)

バンドシーンの端境期に出現
ロックシーンを彩ってきたバンドがまたひとつフェードアウトすることとなった。2002年のメジャーデビュー後、幾度かのレーベル移籍、メンバーチェンジを経てきたSHAKALABBITSが今年その活動に終止符を打つ。彼女らの活動を振り返ってみると、何と言うか…上手く言葉にできないが、“よくぞここまで…”とその労をねぎらいたくなってくる。音楽コラムにおいて、したり顔でこんなことを言うのもイヤだが、CD不況が言われて久しい音楽業界。CD販売枚数は1998年をピークに、2010年代に若干持ち直したものの、全体的には右肩下がりが止まることはなく、現在の市場規模はピーク時の半分以下に縮小した。SHAKALABBITSの結成は1999年。前年に引き続き、CD販売は好調でミリオンヒットも数多く生まれた年だ。だが、彼女らがデビューした2002年にはそれも激減。年間アルバムのミリオン作品は前年の22作から7作と大幅減し、シングルのミリオンセラーは浜崎あゆみの「H」1作のみだった。時代はディーヴァ全盛期。浜崎の他、宇多田ヒカル、MISIAの3人でチャート上位を占めていた。バンド勢は、Mr.Children、GLAY、L’Arc〜en〜Ciel、Dragon Ashら20世紀末にブレイクしていたバンドはともかくとして、アルバム『MESSAGE』がインディーズながら200万枚を売り上げたモンゴル800がひとり気を吐いていたことを除くと、総体的に元気がなくなりつつある頃だったと思う。
SHAKALABBITSのデビュー前後には大物バンドの解散も相次いだ。2000年7月にBLANKEY JET CITYが解散。Hi-STANDARDも8月の『AIR JAM 2000』を最後に活動を停止した。LUNA SEAの終幕も2000年だし、JUDY AND MARYはその翌年3月の東京ドームのライヴで解散している。さらには、これはすでに彼女らが人気を博した後ではあるが、2002年にNUMBER GIRLが、2003年にはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTが解散した。だが、とは言っても、これでバンドシーンが完全に停滞したわけもない。漫画『BECK』の台詞──「たぶん今もどっかで…今まで見たこともないようなすげぇバンドが演奏しとるんだわ。今は誰もそいつらのこと知らんけど、いつかシーンに登場して本物の音を聴かせてくれるはずだて」じゃないが、新世代の胎動は始まっていた。前述のモンゴル800以外にも、1997年メジャーデビューのくるりは着々とその知名度と音楽性を高めていったし、2000年デビューのBUMP OF CHICKENは2002年発売のアルバム『jupiter』でチャート初登場1位を記録。ASIAN KUNG-FU GENERATIONが初音源であるミニアルバム『崩壊アンプリファー』を発表したのが2002年である。1998年~2002年、つまりは世紀末から新世紀にかけては邦楽バンドシーンにおける端境期であった。そして、その胎動は後の“青春パンクブーム”や“ネオヴィジュアル系”を含む、俗に言う第4次バンドブームにつながっていった。

デビュー時に175Rとカップリング
さて、前置きが長くなったが、SHAKALABBITSは2000年代前半からの第4次バンドブームをけん引したバンドのひとつである。彼女たちは停滞し始め、景気は悪くなる一方であった音楽業界へ果敢に立ち向かったのだ。忘れ得ない出来事はメジャーデビュー時の175Rとのコラボレーションである。2002年5月、シングル「ROLLIE」でメジャーデビューした直後の同年7月にSHAKALABBITSと175Rとの完全共作のシングル「STAND BY YOU!!」を発表し、発売後も2バンドのカップリングツアーで全国11カ所を回った。今、プロフィールだけを見ると、2001年5月にリリースした2ndシングル「Let’s PARTY!!」はインデーズチャート初登場1位、同年10月には1st アルバム『EXPLORING OF THE SPACE』もインディーズチャート1位を獲得した上にメジャーを含めても初登場10位を記録しており、新作をリリースするにしてもツアーを切るにしても間違いなく単独でイケたはずである。しかし、そうではなかったことにSHAKALABBITSの心意気を見る。それまでシングル「From North Nine States」のみのリリースだった175Rは、「STAND BY YOU!!」の翌年の「ハッピーライフ」「空に唄えば」が連続でチャート初登場1位となり、ブレイクを果たすわけだが、これは明らかにSHAKALABBITSとの相乗効果によるものだっただろう。誤解しないでほしいが、何も175RがSHAKALABBITSに便乗したと言ってるわけではない。決してそうではない。手と手と携えて…という言い方は泥臭くてイヤだが、件の通り、CD販売は右肩下がり、当時のバンド勢の元気がなくなる中で、2バンドが手を組んでブレイクスルーを目指したというのが正解だろう。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。