体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Nao Yoshioka、米国大型フェス出演を追ったドキュメンタリー映像を一部公開

Nao Yoshioka、米国大型フェス出演を追ったドキュメンタリー映像を一部公開

 ソウルシンガーNao Yoshiokaが、昨年アメリカの首都ワシントンDC周辺で行われた【Capital Jazz Fest 2016】に出演した、ショートドキュメンタリー映像の一部を本日公開した(https://youtu.be/oRikG0aTzxk)。

 Nao Yoshiokaは、2015年7月に1st『The Light』で全米デビューを果たした実力派シンガー。昨年リリースした最新作『The Truth』は、これまでオールド・ソウルを得意としていた彼女が、ネオ・ソウルやフューチャー・ソウルといったアーバンな方向性を強めた意欲作で、その世界水準のサウンドで注目を集めた。そして、『The Truth』を冠したツアーも全国5大都市で開催され、スケールアップした彼女の歌声、パフォーマンスを感じる事が出来るライブとなった。

 そんな彼女は、2016年6月米国で24年続く歴史あるジャズフェスに日本人シンガーとして初めて招待され、2万人規模のビックステージに出演。出演者にはレイラ・ハサウェイ、マーカス・ミラー、SWVなどが参加。今回公開された映像は、彼女にとって2016年のハイライトシーンの1つと、このステージに上がることの意義を語ったアフターインタビューが収められている。

 また、Nao Yoshiokaは、2月12日に代官山LOOPにて2017年初の自主公演【The Sound from Tokyo】が決定している。

◎ライブ情報
【Nao Yoshioka Live 2017 -The Sound from Tokyo-】
2017年2月12日(日)代官山LOOP

関連記事リンク(外部サイト)

NHK技研コンサートにNao Yoshiokaの出演が決定
Nao Yoshioka 新作『The Truth』にエリカ・バドゥやアリシア・キーズ手掛けるプロデューサーら参加
Nao Yoshioka、1年半ぶりのニュー・アルバム『The Truth』発売&全国5大都市ツアー開催決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。