体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザ・テンプテーションズの名曲がよみがえる! デニス・エドワーズ率いる“ザ・テンプテーションズ REVIEW”が来日決定

ザ・テンプテーションズの名曲がよみがえる! デニス・エドワーズ率いる“ザ・テンプテーションズ REVIEW”が来日決定

 米国音楽史にその名を刻むソウル・ヴォーカル・グループ、ザ・テンプテーションズ。そのリード・ボーカルとしてグループ全盛期の1968年に加入したデニス・エドワーズ率いる“ザ・テンプテーションズ REVIEW”の来日公演が決定した。

 公演日は東京公演が3月20~21日の二日間。大阪公演が3月22日。会場はそれぞれビルボードライブ東京とビルボードライブ大阪となり、全日1日2ステージの二部制となる。

 スモーキー・ロビンソン、シュプリームス、マーヴィン・ゲイ、マイケル・ジャクソンらを輩出し、米国音楽界の名門レーベルとして君臨するモータウン。ザ・テンプテーションズは、その躍進を初期から支えてきたレーベルを代表するグループの一つであり、彼らが60年代に発表し全米1位を獲得した「マイ・ガール」は映画やCM音楽にも使用されるなど名曲中の名曲として、いまなお語り継がれている。

 今回の来日公演ではデニス・エドワーズのほか、ソロとしても活躍するデヴィッド・シー、オリジナル・メンバーの子息であるポール・ウィリアムス・ジュニア、そしてマイク・ぺティーロ、クリス・アーノルドというシンガー陣がフロントに並ぶ。ポップスの歴史に足跡を残してきた伝説的なヒット曲と、その完成されたソウル・エンターテイメントが楽しめそうだ。チケット予約はClubBBL会員が1月25日から、一般ゲスト会員が2月1日からそれぞれスタートする。

◎公演決定書
【ザ・テンプテーションズ
REVIEW featuring デニス・エドワーズ】

ビルボードライブ東京
2017年3月20日(月・祝)
1st 開場15:30/開演16:30
2nd 開場18:30/開演19:30
2017年3月21日(火)
1st 開場17:30/開演19:00
2nd 開場20:45/開演21:30

ビルボードライブ大阪
2017年3月22日(水)
1st 開場17:30/開演18:30
2nd 開場20:30/開演21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

怒涛のファンク・チューンで踊り納め&踊り初め。きらびやかな2017年の幕開けを飾ったバーケイズ・カウントダウン・ライブ
イルミネーション煌めく街に響く麗しいファルセット・ヴォイス。2016年のクリスマスをプレミアムに彩ってくれるザ・スタイリスティックスのロマンティックなステージ
“ミスター・ロマンティック”の異名で知られるAORシンガー、スティーヴン・ビショップの来日公演が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。