体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ライブ体験の拡張”ハッカソン最終審査&表彰式にジャズトロ野崎の新プロジェクト、SETA&佐橋が実演参加

“ライブ体験の拡張”ハッカソン最終審査&表彰式にジャズトロ野崎の新プロジェクト、SETA&佐橋が実演参加

 1月26日、ビルボードライブ東京にて最終発表および表彰式が開催される“ライブ体験の拡張”をテーマにしたハッカソン【Live Music HACKASONG】。その出演アーティスト、審査員が全て決定した。

 同ハッカソンでは、2016年11月から約3か月にわたり、Dentsu Lab Tokyo、TOSHIBA、napster、レコチョクの4社の技術とともに計12チームが“ライブ体験の拡張”をテーマにした技術開発を行ってきた。最終発表では一般の来場者も審査に加わり、審査員によるポイントと合算して、最優秀賞を決定する。

 今回、その技術を使ってライブを展開するのが、野崎良太(Jazztronik)による新しい音楽カルチャープロジェクト、Musilogue、そして現役大学生シンガーソングライターのSETAとギタリストの佐橋佳幸。野崎は審査員としても参加する。

 その他、審査員およびモデレーターとしてカラテカの入江慎也、そして佐藤千尋が参加。審査員として慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授、中村伊知哉らが加わる。ライブとテクノロジーを組み合わせることによって生まれる新たな演出技術、ライブ会場以外での疑似体験に注目が集まる。

 なお、チケットの予約は明日1月12日より電話受付にて開始。入場料は無料となる。また本イベントの模様は、LINEのライブ配信プラットフォーム『LINE LIVE』で生配信され、当日会場に行けない人もスマートフォンやPCで楽しむことができる。

◎公演情報
【Live Music HACKASONG最終発表】
2017年1月26日(木)
開場17:30 開演18:30
入場料:無料(1月12日よりチケット予約開始。電話受付のみ)

出演:
Musilogue Band(Drums 藤原佑介 / Bass 藤谷一郎 / Keyboards 金子 巧(cro-magnon) / Vocal エリアンナ)
SETA with Guitar:佐橋佳幸

審査員:
中村 伊知哉(審査員長)、岡崎卓(審査員)、佐々木渉(審査員)、平山善成(審査員)、入江 慎也(モデレーター)、佐藤千尋(モデレーター)、野崎良太(Jazztronik)

詳細:http://bit.ly/2j48lDW

◎配信情報『Live Music Hackasong』
1月12日 18:30~21:30予定
https://live.line.me/channels/432

関連記事リンク(外部サイト)

LIVE MUSIC HACKASONG
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】レコチョク
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】東芝

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。