体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

過去1年間にYouTubeで最も再生されたデヴィッド・ボウイのビデオ&曲TOP10

過去1年間にYouTubeで最も再生されたデヴィッド・ボウイのビデオ&曲TOP10

 25枚目にしてラスト・アルバムとなった『★』(ブラックスター)を置き土産に、2017年1月に亡くなったデヴィッド・ボウイ。そんな彼は今作とリンクした素晴らしい映像作品も同時に残しており、その内の2本が彼の全作品の中で2016年にYouTubeで最も再生されたビデオとなった。

 YouTubeから提供されたデータによると、ボウイの「ラザルス」とタイトル曲「★」のミュージック・ビデオが2016年1月10日から12月31日の間にそれぞれ約3,800万回と2,500万回再生され、彼の作品の中で最も視聴されたビデオとなった。

 ボウイ作品の2016年のYouTube再生回数は2015年と比較して倍以上に伸び、全体で約8億5,000万回再生された。

 オフィシャル・チャンネルとユーザー発信のコンテンツで再生されたトラックを集計したところ、「ラザルス」が約4,000万回で1位で、以下TOP5に「ヒーローズ」や「ライフ・オン・マーズ」や「レッツ・ダンス」など、過去の名曲がランクインした。

 『★』は、2017年【グラミー賞】で<最優秀オルタナティヴ・アルバム>と<最優秀ロック・パフォーマンス>を含む4部門でノミネートされている。

◎トップ・ビデオ
曲名、再生回数
01.「ラザルス」(38,294,871回)
02.「★」(25,160,231回)
03.「スペース・オディティ」(7,073,145回)
04.「ヴァレンタイン・デイ」(7,022,745回)
05.「ザ・スターズ/The Stars (Are Out Tonight)」(4,413,767回)
06.「ホエア・アー・ウィ・ナウ?/Where Are We Now?」(3,587,173回)
07.「愛しき反抗/Rebel Rebel (A Reality Tour)」(1,974,814回)
08.「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」(1,671,740回)
09.「ガール・ラヴズ・ミー」(1,636,750回)
10.「ティズ・ア・ピティ・シー・ワズ・ア・ホア」(1,554,714回)

◎トップ・トラック
曲名、再生回数
01.「ラザルス」(40,015,215回)
02.「ヒーローズ」(39,398,763回)
03.「ライフ・オン・マーズ」(34,383,727回)
04.「レッツ・ダンス」(34,256,639回)
05.「★」(26,169,248回)
06.「スターマン」オリジナル・シングル・ミックス(24,703,758回)
07.「スペース・オディティ」(22,587,066回)
08.「月世界の白昼夢/Moonage Daydream」(19,223,668回)
09.「スペース・オディティ」(2015年リマスター版)(17,356,737回)
10.「愛しき反抗/Rebel Rebel」(1999年リマスター版)(17,086,800回)

関連記事リンク(外部サイト)

『1月10日はなんの日?』デヴィッド・ボウイの一周忌、大回顧展や追悼上映も
デヴィッド・ボウイ、LOTRガンダルフ役にキャスティングされなかった理由とは……?
デヴィッド・ボウイ 世界初『★』収録曲の赤いカラー・レコード盤が日本限定でリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。