体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

指原莉乃の金銭感覚、世間ではいかほど? スカートに7500円は安いor高い論争

指原莉乃の金銭感覚、世間ではいかほど? スカートに7500円は安いor高い論争

HKT48の指原莉乃さんが自身の公式Instagramにて私服姿を公開していますが、その画像に添えられたコメントに対しネットで様々な意見が語られています。

【関連:指原莉乃に関する過去記事】

指原さんはエレガントなフレアスカートに黒いストレートのラインが入った白いシャツ、そして唇のマークがたくさん入ったパンプスというスタイリッシュな装い。
そのスカートのお値段は7500円だそうで、これを「安いのに可愛くて」とコメントしたことで多くの意見が集まっています。

■スカートに7500円は高い派・安い派で対立

ネットでは「7500円は庶民には高い!」という意見と「社会人としてお金を稼ぐ年齢になったら安い」という意見が真っ向対立。

指原さんは現在24歳。2007年にAKB48 第2回研究生に合格し、2008年に初舞台を踏んでいます。つまり、社会人歴10年。
ちょうど社会人10年目の編集部員にも意見を促してみたところ

「部屋着だと間違いなく高額の部類に入りますが、指原さんの写真を見ると“ザ・お出かけ着”という雰囲気が漂っていますし、自立した社会人が好きな人とのデートや改まったお出かけに着るものだと考えたら「安い」と思う人が多いのでは?」

という意見でした。

とは言え、衣服にかける金額については個々人でかなり違いがあります。それこそ衣服が趣味だという人の場合は交際費や食費を抑えてまでつぎ込む場合もありますし、多くの衣服を着たいという人はプチプラでもお安く見えないものを選んでコーディネートする場合も。
衣服にお金をかけなくても、自分の趣味や好きなものに関しては「7500円は安い」と感じる人もいるはずです。

それなのに今回起きてしまった論争。指原さんが著名人であることが理由の一つにあげられますが、金銭感覚がゆえ自分との感覚差につい反応してしまった人もいたようです。もしあなたが7500円の衣服を購入したら、その金額についてどんなふうに感じますか? 恐らく答えは、「人それぞれ」ではないでしょうか。

※画像は指原莉乃さんInstagramページ(https://www.instagram.com/p/BPAM_sSAf8X/)のスクリーンショット。

(貴崎ダリア)

関連記事リンク(外部サイト)

「嫁さん以外、怖いもん無し。」 大野智主演『忍びの国』特報解禁
元モー娘。でテレ東アナの紺野あさ美とヤクルト・杉浦稔大が結婚 元日に北海道で提出
きゃりーぱみゅぱみゅ、三角関係を否定 スキーウェアは「レンタルやで」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。