ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【プロ野球順位予測】篠塚和典氏「巨人の鍵は捕手」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 二刀流として躍動した大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測。巨人での現役時代に首位打者2回、ベストナイン5回を誇り、引退後は一軍打撃コーチなどを歴任した篠塚和典氏は、戦力の充実した古巣の優勝を予想しながらも、その死角は「ダイヤモンドの要」にあると指摘した。

 * * *
 今オフの巨人の補強は、ポイントがズレているように思えますね。今の巨人の最大の弱点は、どう見てもキャッチャーです。阿部慎之助(37)のファースト専任が宣言された以上、正捕手として誰をどう育てるか。それこそがチームの最大の課題だったはずです。

 マスクをかぶる機会がさらに増えるであろう小林誠司(27)が投手陣からの信頼を得ているかといえば、まだまだでしょう。阿部が一緒に自主トレして色々と教え込むそうですが、キャンプ中にピッチャー全員の球種、性格、クセまですべてを把握するぐらいのやる気が本人にないとダメだろうね。

 小林を見ていると、チーム内に自分のポジションを脅かす存在がないからか、どうも尻に火がついていないような印象が強い。だからこそ、たとえばバッティングがいい捕手を“小林のライバル”として補強するだけでも、だいぶ違っていたと思いますよ。

 当然ながらシーズンが終わってみないと補強の本当の評価はできないが、同じ補強をするにしても、生え抜きを育てるための補強をしないといけないんです。センターに陽岱鋼(29)が入って、単に生え抜きの出場機会が奪われるだけでは、ファンも喜ばないでしょう。

 ただ、それでも現時点の戦力で順位を予想しろといわれれば、優勝は巨人でしょう。他球団よりも戦力が充実しているのは確かです。

 巨人に迫れそうなのは若い選手たちが優勝で自信をつけた広島ぐらい。主砲・エルドレッド(36)がきちんと働けば、守備は“鉄壁”ともいえるメンバーが揃っているので上が狙える。

 3位以下はどんぐりの背比べだね。阪神の糸井嘉男(35)の補強は巨人よりも的確といえるけど、一人でチームが劇的に変わるほどとも思えない。とはいえ阪神が強くないとセリーグが盛り上がらないので、期待を込めて3位にしました。ただ、昨季は主力のケガに泣いたヤクルトも、中心選手に故障がなければAクラスを狙えるでしょう。

 パはやっぱりソフトバンクが頭ひとつ抜けている。2016年は柳田悠岐(28)がケガで抜けるなどの誤算があったが、大きなアクシデントさえなければやはりシーズン序盤から独走ではないか。契約最終年の松坂大輔(36)に頼る必要もないでしょう(笑い)。むしろドラ1の田中正義(22、創価大)は即戦力になるんじゃないかな。

 対抗馬は日本ハムだが、メジャー移籍を控えた大谷翔平(22)は昨季ほどの無理はしないと思う。

 ドラ1で獲った佐々木千隼(22、桜美林大)の評価が高いロッテは面白い存在だ。佐々木は最速153kmの直球だけじゃなく左打者の外角に落ちるシンカーも武器になってくる。開幕ローテーションも狙えそうだ。

【順位予測】
セリーグ/パリーグ
1位:巨人/ソフトバンク
2位:広島/日本ハム
3位:阪神/ロッテ
4位:ヤクルト/西武
5位:DeNA/楽天
6位:中日/オリックス

※週刊ポスト増刊2017新春スペシャル

【関連記事】
巨人・陽岱鋼の15億円契約 台湾ファン増えるため安い投資
ストーブリーグの中心は巨人 渡辺恒雄氏が大補強断行宣言
広岡達朗氏 他がダメなため来季は巨人が10ゲーム差超で優勝

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。