体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マーク・ウォールバーグ主演、メキシコ湾原油流出事故を映画化した『バーニング・オーシャン』予告編が公開

マーク・ウォールバーグ主演、メキシコ湾原油流出事故を映画化した『バーニング・オーシャン』予告編が公開

 衝撃の爆発事故を描いた映画『バーニング・オーシャン』の予告編が公開された。

 2010年4月20日、メキシコ湾沖80キロに位置する石油採掘施設ディープウォーター・ホライゾンで逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こる。海上一面が火の海と化した未曾有の事故に全世界が息を飲んだこの“人災”事故を描いたのが、『バーニング・オーシャン』だ。

 人為的ミスの連鎖、親会社と下請け会社の確執など、小さな原因が積み重なって起きたこの大事故。『ローン・サバイバー』、『バトルシップ』でリアルなアクション描写が高評価を得たピーター・バーグが監督を務め、被害の拡大を食い止めようとする現場作業員マイクをマーク・ウォールバーグが演じている。共演に、カート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ジーナ・ロドリゲス、ディラン・オブライエン、ケイト・ハドソンらが名を連ね、施設内に閉じ込められた作業員126名達の決死の脱出を壮大なスケールで描く。実話に基づく『バーニング・オーシャン』は、2017年4月全国ロードショー。

◎『バーニング・オーシャン』予告編
https://youtu.be/nKE1_FBLiIY

◎作品情報
『バーニング・オーシャン』
2017年4月より全国ロードショー
監督:ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォールバーグ、カート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ジーナ・ロドリゲス、ディラン・オブライエン、ケイト・ハドソン
(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

クリストファー・ノーラン最新作にして初の実話『ダンケルク』衝撃的な特報第2弾公開
ウディ・アレン最新作ロマンティック・コメディ『カフェ・ソサエティ』日本公開決定
スター・ウォーズシリーズ最新作『ローグ・ワン』の特別メイキング映像が公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。