体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルエン、dヒッツ独占でアルバム「THE END」収録曲を紹介する約60分間の限定プログラム公開

ブルエン、dヒッツ独占でアルバム「THE END」収録曲を紹介する約60分間の限定プログラム公開

BLUE ENCOUNTが本日、2ndアルバム「THE END」をリリースする。今作を紹介するプログラム『“気持ちにヒットする”BLUE ENCOUNT「THE END」』を1月11日よりdヒッツ独占で公開する。なお、今回の「ミュージックトーキング」企画はdヒッツ初の試みとなる。

アツすぎて、真っすぐなボーカル・田邊駿一のステージでのMCは、何度もメディアで取り上げられ、注目を集めている。そんな彼らが本日発売の2ndアルバム「THE END」を語るとあって、アツくならないはずはなく、2枚目にしてなぜこのタイトルなのか、制作時のエピソードなど、ここでしか聴けないトークを炸裂。また、どんな気持ちのときに聴いてほしいか、といった“気持ちにヒットする”楽曲紹介で収録曲を紹介していく、約60分、まるごとラジオ番組のようなプログラムが誕生した。

紹介する楽曲も、2016年にリリースした「はじまり」(第94回全国高校サッカー選手権大会応援歌)、「Survivor」(「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニングテーマ)、「だいじょうぶ」、そして最新作「LAST HERO」(日本テレビ系土曜ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」主題歌)といったシングル4作を含むアルバム収録曲7曲に「もっと光を」「DAY×DAY」といったブルエンならではの楽曲を含めた全9曲。

この、初の試みに対して、メンバーは次のようにコメントしています。

田邊駿一(Vo.Gt.)コメント
今回dヒッツ初の特別プログラム「“気持ちにヒットする”BLUE ENCOUNTミュージックトーキング!」を作っていただきました! BLUE ENCOUNTのニューアルバム「THE END」の全てを語り尽くせたと思います。あなたにとって僕たちの曲がヒットしますように。

江口雄也(Gt.)コメント
聴いてもらえれば全てがわかります! それだけです。以上!

辻村勇太(Ba.)コメント
僕らもいろんなことを思い、いろんな気持ちを感じながら曲を作っているので、これを聴いて同じ気持ちを共有できればと思っています。

高村佳秀(Dr.)コメント
どの楽曲にもそれぞれ思いが込められています! その中からあなたの心にヒットする曲が必ずあります。ぜひ全部通して聴いてください!

リリース情報
“気持ちにヒットする”BLUE ENCOUNT「THE END」ミュージックトーキング
独占配信期間:2017年1月11日(水)5:00〜2017年3月31日(金)
関連URL:http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/blueencount/0111/2/

プログラム内容
1. BLUE ENCOUNT「THE END」ミュージックトーキング!【1】
2. HEART
3. Survivor
4. LAST HERO
5. BLUE ENCOUNT「THE END」ミュージックトーキング!【2】
6. GO!!
7. city
8. だいじょうぶ
9. BLUE ENCOUNT「THE END」ミュージックトーキング!【3】
10.もっと光を
11. DAY×DAY
12. はじまり

関連リンク

「THE END」特設サイトhttp://blueencount.jp/theend/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。