ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「なつかしのドックパン」思い出グルメ堂~あの頃の味に会いに行く! 其の1【タベアルキスト】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あけましておめでとうございます! メシ通レポーターのタベアルキストTokuharaです。

2017年。我々タベアルキストから、さっそく新企画をお届けします。

思い出グルメ堂〜あの頃の味に会いに行く! とは ──

国内の飲食店を中心に、年間のべ1万軒を食べ歩くタベアルキストたちの食のルーツ。学生時分の胃袋を満たしてくれた「思い出のグルメ」を掘り起こし、皆さんにご紹介するノスタルジックな新企画です。

今回のテーマは、学生時代…… いや、幼少の頃から何度もかぶりついた「昔ながらのパン」!


「なつかしのドックパン」を求めて

浅草から電車で約1時間半。 今回の舞台は、筆者の地元「栃木県鹿沼市」。

県央に位置する人口約10万人弱のこの街は、 「鹿沼そば」や「さつきポーク」、「とちおとめ」など、食の特産物も豊富です。

▲東武新鹿沼駅前は、空も広く、非常にのどかな光景が広がっております。

私のパンのルーツ「ナトリパン」

東武新鹿沼駅から北西に5分ほど車を走らせると、 今回の目的地「ナトリパン」が見えてきます。創業は、1953年!鹿沼っ子なら一度はここのパンを手に取っているだろう、 地元でも人気のパン屋さんです。近年は、県外からのお客さんも来られるとか……。

実家には大抵こちらのパンが置いてあり、 筆者の中の「パン」のルーツは、ここにあると言っても過言ではありません。

店内は、学生時代とはガラリと変わり、かなり明るい雰囲気に。ただ、創業時から変わっていないのは、この「ガラスショーケース」。

何十年もお店の真ん中に座し、お客さんを迎えてきた、言わばお店の重鎮!

この「ガラスショーケース」の中には、 昔からのいわゆる定番商品から、最近考案されたメニューまで、 常時34種類のパンが綺麗に並べられています。

改めて見ると……その価格設定に驚き!

現社長(二代目)の娘で、接客担当のリエさん曰く、ずばり「まごごろ価格!」とのこと。

味はもちろん、この買い求めやすい価格も手伝って、毎日通うファンもおられるのだそう。

すぐ目の前には中学校があり、学生時代にフラ〜ッと立ち寄った思い出のある大人たちも多いのではと。

これがナトリのドックパン!

お店の看板にも書かれている「ドックパン」は、こちらのまさに看板商品。 そして、私が人生で一番頬張っているであろうパンでもあります。

その見た目どおり、外側はこんがり。そして、中はふっくら。口当たりも良く、焼き立てではなく、冷めても美味しく頂けるのがポイント!

このドックパンの真ん中を包丁で割き、そこにいろんな具材を挟みます。

ちなみに……。

この“素”のドックパンだけを買っていくお客さんもいらっしゃいます(実家にもよくありました!)。自宅でジャムなどを塗って、サッと頬張れるのも良いですね。

▲ウィンナードック(160円)

昔から変わらない定番商品の1つ。 ウィンナーにシャキシャキの千切りキャベツ、そして、自家製マヨネーズ。

そう、この自家製マヨネーズがいい脇役! タップリ塗ってもしつこくなく、 適度な油分と、ほのかな酸味が、パンも含めた具材のうま味を引き立てます。

(学生時代には、一度に何個食べたことか……)

▲サラダドック(160円)

こちらも昔から変わらない味。老若男女に愛される一品!

ポテトサラダは自家製。 ここにも自家製マヨネーズが使われており、 シャキシャキとした野菜の食感と、マヨネーズの酸味の調和が絶妙。「シンプル故に飽きない」とは、まさにこういう事。

惣菜系は「ドック」だけにあらず!

惣菜系と言えば、揚げ物も外せません! 揚げ物って、無性に食べたくなる時ってありますよね。 幼い頃から変わらず。

ポークロースカツ、チキンカツ、海老カツ……。「ナトリパン」では、常時6種類のバーガー系の揚げ物惣菜パンが揃っています。

中でも、一番の推しパンはこちら!

▲コロッケサンド(220円)

「主役は自分だ!」と言わんばかりの大ぶりなコロッケ。 そのアツアツな主役を、専用のパンに挟んで。衣はサクッと。 ポテトの甘味が広がるコロッケが、いい仕事をしています。

ちなみに……。

ここに、先程のポテトサラダを挟み、タップリの中濃ソースを垂らすのが裏メニュー(非売品)。アツアツのコロッケと、ひんやりポテトサラダの絶妙なコントラストが、たまらない逸品です。

そして、これも外せない……!

▲あんドーナツ(140円)

実は、個人的に一番オススメしたいメニュー。 揚げ立て時の、ふっくらモチッとした生地が秀逸。甘いこしあんとの調和が絶妙です。

大人になっても、ついついかぶりついてしまいます……。 口の中に広がる甘さを楽しみながら、 なんとも言えない懐かしさに包まれました。

子どもも安心して食べられる、昔ながらのパン作り

いまや親子四代でお世話になっているご家庭も、 きっと有るのではないでしょうか。

時代に合わせて、材料の分量なども少しずつ変え、いまに至っているそう。ただ、「あの頃の味のままだなぁ……」と思えてしまうのが、 なんとも不思議なところです。

「パンは、挟む具材も含めて、作り置きはしない」

「使う機械は最小限」

きっと、もっと効率的で、オートマチックな製法はあるはずなのに、 昔ながらの製法でパンを作り続けています。

「今後もそれは決して変えない!」とは、 子どもにも安心してパンを食べさせたいという、“三代目”淳さんの熱き思い。

パン作りの道に入って、約8年。「社長(二代目)のパンには、まだ及ばない。でも絶対この味を守りたい」 という言葉がとても印象的でした。

今日も早朝から、 朝9時のオープンに向けて、せっせと美味しいパンを作ってくれている事でしょう。

「これからもずっと、この味を食べさせてください」

思い出のグルメ ──。

みなさんにもきっとあるのではないでしょうか。「久々に、アレ食べたいなぁ……」なんて気持ちに、 少しでもなって頂けたら幸いです。

お店情報

ナトリパン

住所:栃木県鹿沼市日吉町879 – 18

TEL:0289 – 62 – 6969

営業時間:9:00 〜 パンがなくなり次第終了

定休日:日曜日(その他、臨時休業あり)

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

※取材日:2016/10/8、2016/11/26、2016/12/3

書いた人:Yamato Tokuhara

特に、和食をリスペクトするタベアルキスト。幼少期より魚に囲まれ育った影響か、魚介料理には人一倍うるさい。ノンジャンルで年間350軒以上を食べ歩きながら、言葉の壁を超える“食”の素晴らしさを、海の向こうまで伝えることが、いまの生きがい。 Webサイト:Tabearukist Association facebook:Tabearukist Association

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【タベアルキスト】中野嘉兵衛商店~食材のルーツを辿る旅 其の4(後編)~産地を巡る冒険

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。