体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「なつかしのドックパン」思い出グルメ堂~あの頃の味に会いに行く! 其の1【タベアルキスト】

f:id:tabearukist:20161204183232j:plain

あけましておめでとうございます! メシ通レポーターのタベアルキストTokuharaです。

2017年。我々タベアルキストから、さっそく新企画をお届けします。

思い出グルメ堂〜あの頃の味に会いに行く! とは ──

国内の飲食店を中心に、年間のべ1万軒を食べ歩くタベアルキストたちの食のルーツ。学生時分の胃袋を満たしてくれた「思い出のグルメ」を掘り起こし、皆さんにご紹介するノスタルジックな新企画です。

今回のテーマは、学生時代…… いや、幼少の頃から何度もかぶりついた「昔ながらのパン」!

f:id:tabearukist:20161204183612j:plain

「なつかしのドックパン」を求めて

浅草から電車で約1時間半。 今回の舞台は、筆者の地元「栃木県鹿沼市」。

県央に位置する人口約10万人弱のこの街は、 「鹿沼そば」や「さつきポーク」、「とちおとめ」など、食の特産物も豊富です。

f:id:tabearukist:20161204182911j:plain

▲東武新鹿沼駅前は、空も広く、非常にのどかな光景が広がっております。

私のパンのルーツ「ナトリパン」

東武新鹿沼駅から北西に5分ほど車を走らせると、 今回の目的地「ナトリパン」が見えてきます。創業は、1953年!鹿沼っ子なら一度はここのパンを手に取っているだろう、 地元でも人気のパン屋さんです。近年は、県外からのお客さんも来られるとか……。

f:id:tabearukist:20161204182933j:plain

実家には大抵こちらのパンが置いてあり、 筆者の中の「パン」のルーツは、ここにあると言っても過言ではありません。

f:id:tabearukist:20161204182955j:plain

店内は、学生時代とはガラリと変わり、かなり明るい雰囲気に。ただ、創業時から変わっていないのは、この「ガラスショーケース」。

何十年もお店の真ん中に座し、お客さんを迎えてきた、言わばお店の重鎮!

f:id:tabearukist:20161204183029j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy