ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャニーズWESTの絆を検証する5つのエピソード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年はニューアルバム『なうぇすと』をリリースし、初のドームコンサートも大成功させ、年明けにはアリーナツアーをスタート。ドラマや映画、舞台でのメンバーの活躍も目白押しだ。今年は関西発の人気者「ジャニーズWEST」から目が離せない!

 深夜に東京でのテレビ出演を終え、始発の新幹線に乗り込み大阪へ。ほとんど眠らないまま、その足で撮影現場に直行。ロケ先の大阪の商店街に笑顔を見せたのは、『ジャニーズWEST』(以下、WEST)の7人のメンバーだった。そんなふうに週に数回、東京と関西を往復し、今やジャニーズでいちばん移動距離が多いのではないかという。

 東京から離れた関西のジャニーズJr.がデビューし人気を不動のものにするまでには、相当な努力や苦労があることは、『関ジャニ∞』という先輩の例からも知られている。全国区のテレビ番組の出演の機会も少ない彼らは、わずかなチャンスも自分たちでつかみ取っていかなければ上がっていけない。5年連続、紅白歌合戦に出場する関ジャニ∞のメンバーでさえ、活動のかたわらアルバイトをしたり、別の進路を選択すべきか悩んでいた時期があった。そんな思いが受け継がれているからこそ、関ジャニ∞以来、関西からは10年ぶりとなったWESTのデビューには大きな意味があった。

「KinKi Kidsさんが東京ドーム、関ジャニ∞さんがナゴヤドーム、そしてぼくらが京セラドーム!(ジャニーズの)関西出身グループがドームを制覇です!」

 2016年のクリスマス、念願の初ドーム公演のステージ上でWESTのメンバーはそう喜びを爆発させた。

「クラスに1人はおるわっていうのが7人集まっただけです」(濱田崇裕、28才)

 デビュー4年目になるジャニーズ最年少グループが今絶好調なのは、メンバーそれぞれが“超個性的”だから。彼らの魅力を5つのエピソードで丸裸にしちゃいます!

◆ジャニー社長に直談判の“生意気デビュー”

「ジャニーズ事務所で社長に直接お願いに行って、デビュー時にメンバーの人数を変えたのは彼らだけでしょう」と話すのは、Jr.時代からWESTを見続けてきた芸能リポーターの駒井千佳子さん。

 2014年1月、最初は4人でデビューと発表されたが、その4人がジャニー社長に「7人一緒じゃないと!」と直談判。生意気なほどのその熱い思いが伝わったのだろう、苦楽を共にしてきた7人でのデビューを見事勝ち取った。

 さらに、グループ名に「ジャニーズ」がつくのも事務所の歴史で1962年結成の初代グループ「ジャニーズ」以来、初。

 前出の京セラドームライブでは、藤井流星(23才)が「1度は(デビューを)諦めかけたけど、前を向けたのはみんながいたから」と2年前のことを思い出し、こらえきれず涙を流した。ライブ後、藤井は「仕事で泣いたんは初めてや」と照れていた。

◆“最大9才差”イジりイジられの「しあわせな関係」

『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(朝日放送)にレギュラー出演中の中間淳太(29才)はグループ最年長。

「時事ネタもちゃんと勉強していて自分の意見を主張できる。ご意見番の評論家のかたたちも中間くんのことはベタ褒めです」(駒井さん)

 そんなしっかり者の中間が、なぜかいちばんのイジられ役。3月9日発売の『ジャニーズWESTカレンダー』の撮影中の秘話をスタッフが明かす。

「撮影中に突然、6人のメンバーが中間くんを担ぎ上げて、ワッショイ、ワッショイと胴上げしたんです。さらに、重岡大毅くん(24才)がジャイアントスイング! “何すんねん!”と笑顔でいう中間くんに、みんな大笑いでした」

 重岡いわく「淳太の反応って、めちゃおもろいんです」。

 前出・駒井さんはこんな場面を目撃したという。

「たまたま東京行きの新幹線で一緒になったとき、中間くんが“やってもうた! 大阪に忘れ物した!”とあたふたしていたんです。その様子を見ていた最年少メンバーの小瀧望くん(20才)が隣で“さぁさぁ、おもしろいことになってきました”と実況中継を始めて(笑い)。9才の年の差があってもツッコめるのは、信頼関係があってこそですよね」

◆律儀なメンバーの直筆お礼状

 カレンダー撮影中のこと。「神山智洋くん(23才)が机に向かって黙々と何かを書いていたんです。舞台を見に来てくれたかたへのお礼状でした。かなりの枚数なのに1枚1枚考えながら丁寧に書いていました」(前出・スタッフ)

「お~わり!」と、たっぷり1時間かけて書き終えると、また撮影に戻っていった。

 多いときで週に2、3回。神山が濱田を迎えに行って、2人一緒に通っていたのは、本格的な体操競技の教室。

「ダンスのレッスンだけでも大変なのに、“ステージでのパフォーマンス力をもっと上げないかん”と特訓していたんです」(芸能関係者)

 努力の甲斐あって、高度なアクロバットのテクニックを習得。今や2人の曲芸的な身のこなしは、WESTのステージ演出に欠かせないものになっている。

◆関西ジャニーズJr.の絆

 桐山照史(27才)はステージ上で近くにいる関西Jr.を見つけると、彼らの近くに寄っていったり、肩を組んだりする。

「自分の近くにいれば、彼らの顔が大型モニターに映されるチャンスも増えて、ファンに覚えてもらえるかもしれないという桐山くんの思いやりなんです」(前出・芸能関係者)

 ステージの外でも、関西Jr.の公演が始まる時には、周囲の人達に「見に行ってやってください」と自らのことのように挨拶して頼んでいるWESTメンバー。

 そんな後輩への心配りを忘れないのも、先輩の関ジャニ∞から受けてきた愛情と恩を自分たちも伝えていかなくてはという思いからだろう。

「中間くんは関ジャニ∞の村上信五くん(34才)にコンサートの構成を相談したりしています」(駒井さん)

 ちなみに、関ジャニ∞のメンバーに取材の機会があった本誌・女性セブン記者がWESTの取材をしていると伝えると、「そうですか! よろしくお願いします」と頭を下げられた。

※女性セブン2017年1月19日号

【関連記事】
V6岡田 デビュー当時は「りんごほっぺちゃん」といじられてた
ジャニーズWEST ジャニーさんに直談判し続けデビュー果たす
ジャニーズJr.京本大我 今の僕がいるのは滝沢くんのおかげ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。