体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2017年1月)、Marshmallowのシェアがほぼ30%に、Nougatはまだ1%未満

Google は 1 月 11 日、Android OS のバージョン別シェアのデータを更新しました。1 月のシェアは(括弧内は前回)は、1 位が Lillipop 33.4%(34.0% ↓)、2 位が Marshmallow 29.6%(26.3% ↑)、3 位が KitKat 22.6%(24.0% ↓)、4 位が Jelly Bean 11.6%(12.8% ↓) 、5 位が Ice Cream Sandwitch 1.1%(1.2% ↓)、6 位が Gingerbread 1.0%(1.2% ↓)、7 位が Nougat 0.7%(0.4% ↑)という結果でした。今回で Android 2.2 Froyo が対象から除外されました。0.1% を切ったのでしょう。全体的には、Marshmallow と Nougat のシェアが上がり、それ以外は下がったという状況でした。Marshmallow は依然として 2% 台の高い伸び率でシェアを拡大しており、早ければ次回にもトップの Lollipop を抜くと見られます。一方、リリース後まもない Nougat もシェアを着実に拡大してはいるものの、シェアは依然として 1% 未満と遅いようです。Source : Google

■関連記事
Xperia XZのディスプレイとバッテリーの修理動画が公開
サンワサプライ、7,500mAhバッテリーを搭載した最大300ルーメンのモバイルプロジェクター「PRJ-6」を発売
KDDI、トヨタ自動車の「T-Connect」との連携を開始、新型プリウスPHVの充電料金や走行距離をスマートフォンで確認可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。