体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サンワサプライ、7,500mAhバッテリーを搭載した最大300ルーメンのモバイルプロジェクター「PRJ-6」を発売

サンワサプライが 7,500mAh バッテリーを搭載した明るさが最大 300 ルーメンのモバイルプロジェクター「PRJ-6」を発売しました。価格は 83,800 円(税込み)です。PRJ-6 は HDMI 入力に対応したモバイルプロジェクターで、バッテリーを搭載しているので野外などでも利用することができます。明るさは AC 接続時が 300 ルーメンですが、バッテリー駆動時が 200 ルーメンとなります。最大解像度は 1,280 × 720 の HD 画質に対応し、30 ~ 100 インチの巨大スクリーン投影が可能です。フォーカス用のダイヤルも搭載されているので、適度な大きさでの画質調整にも対応し、水平 40 度までの表示画面の歪みを自動的に補正す台形補正機能も搭載しています。そして電源出力用の USB ポートも搭載されているので、スマートフォンなどをつなげることで外部バッテリーとしても利用することができます。PRJ-6 の筐体サイズは 125 × 125 × 31mm 質量は 400g です。Source : サンワサプライ

■関連記事
Xperia XZのディスプレイとバッテリーの修理動画が公開
KDDI、トヨタ自動車の「T-Connect」との連携を開始、新型プリウスPHVの充電料金や走行距離をスマートフォンで確認可能に
Xiaomi Mi 6はディスプレイの形状によって2モデル存在?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。