体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

少年から大人へ 青春時代に読んでおきたい1冊

少年から大人へ 青春時代に読んでおきたい1冊
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「LINES SING」。1月10日(火)のオンエアでは、ティーンエイジャーの成長を描いたJ・D・サリンジャーの世界的ロングセラー「ライ麦畑でつかまえて」を紹介しました。

大人になっていく過程の通過儀礼をテーマにした名作は、世界中にあります。1951年にアメリカで出版された「ライ麦畑でつかまえて」も、その1冊。でも実は、この小説が生まれたアメリカでは、いくつかの街や地域で発売禁止、閲覧禁止の書物となっているそうです。日本では、作家の村上春樹さんも自ら翻訳を手がけ、「キャッチャー・イン・ザ・ライ」というタイトルでも出版されています。

物語は、「もしも君が、ほんとうに僕の話を聞きたいんなら…」という、17歳の元高校生、ホールデン・コールフィールドが、自分が問題を起こして名門校を退学させられた1年前を回想するかたちで始まります。学校の寮を去ったホールデンは、実家のあるニューヨークへ。偽名を使ってホテルに泊まり、女の子をナンパしたり、大人のふりをしてバーでお酒を飲んだり、妹のフィービーと再会したり、セントラルパークへ行ったり…。学校に戻れず、家にも帰れない17歳の少年は、一人でニューヨークの街で夜を明かします。

長く思える物語ですが、実は1日、2日ほどの出来事を回想しているだけ。それなのに、昔も今もたくさんの人の心を捉えて離しません。もしこの世界に一生に一度だけ通る場所があるとしたら、この「ライ麦畑でつかまえて」は10代の頃に誰もが一度は通り過ぎる場所なのかもしれません。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。