体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超深煎りブレンド!老舗「丸福珈琲店」の味を缶コーヒーで

働くビジネスマン、ビジネスウーマンにとって、缶コーヒーは手放せないアイテムの1つではないだろうか。缶コーヒーでありながら、味に徹底してこだわった新商品が登場。

老舗珈琲店「丸福珈琲店」監修の缶コーヒー「ワンダ 極」シリーズから、今回登場したのは、コーヒーの強さ、コク深さが際立つ味わいの缶コーヒー「ワンダ 極 超深煎りブレンド」。

コーヒーの強さや質を求める40~50代の男性ファンの声から、コーヒー豆量を150%使用し、深煎りを超える超深煎り豆をブレンドすることで、ミルクの甘さの中にもコーヒーの風味が際立つ凝縮した味わいに仕立てた。パッケージは濃い青色を基調にすることで「超深煎り」という焙煎度合の深さと味わいの深さを表現しているという。

価格は115円(税抜)。1月10日(火)より、全国で購入可能。

「丸福珈琲店」は1934年(昭和9年)に創業の老舗珈琲店。「深煎りの極み」と呼ばれる焙煎方法と独自で開発した抽出器具を使用し、“濃厚でコク深い味わいだが後味のさっぱりした珈琲”を提供し続けている。

その「丸福珈琲店」監修の人気シリーズだけあって、これはもう飲まずにはいられない。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。