体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャニング・テイタムとトム・ハーディ、米パラマウントによる犯罪スリラー映画『Triple Frontier(原題)』に出演交渉中

tom-hardy-channing-tatum

チャニング・テイタムとトム・ハーディが、米パラマウント・ピクチャーズによるアクション・スリラー映画『Triple Frontier(原題)』の出演交渉の初期段階にあると、複数の情報筋が本紙ヴァラエティに語っている。

情報筋によると、全員のスケジュールの問題で交渉はまだ続いているようだ。米パラマウントは、2016年12月からこの2人の俳優に関心を示しており、話し合いは進行しているものの両者の契約締結にはまだほど遠い。

『Triple Frontier(原題)』は、J・C・チャンダーが監督を務める。アトラス・エンターテイメントのチャールズ・ローヴェンとアレックス・ガートナーがプロデュースを手掛ける。

同作は、イグアス川とパラナ川が交差するパラグアイ、アルゼンチン、ブラジルの境界線が舞台だ。この「ラ・トリプル・フロンテラ」は管理するのが難しく、組織犯罪にとっては天国だ。

同作は、元々は、映画『ハート・ロッカー』の脚本家マーク・ボールとキャスリン・ビグロー監督のコンビが手掛ける予定で、トム・ハンクス、ウィル・スミス、レオナルド・ディカプリオまで様々な俳優が出演に興味を示していた。しかし、ボールとビグロー監督が映画『ゼロ・ダーク・サーティ』の製作に進むことを決めたため、『Triple Frontier(原題)』は一時保留となり、最終的にビグロー監督が他の作品に集中するために監督を降りることが決まった。

ハーディの次回作は、FXによる映画『Taboo(原題)』だ。ハーディは、CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。

テイタムの直近の作品は、コーエン兄弟監督の映画『ヘイル、シーザー!』や、製作が終わったばかりの映画『Kingsman:The Golden Circle(原題)』、スティーヴン・ソダーバーグ監督の映画『Logan Lucky(原題)』がある。

テイタムは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)及びマネジメント360と代理人契約を結んでいる。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。