体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライトアップ、アイスバー、星空観察…話題の「知床流氷フェス」開催【北海道】

ライトアップ、アイスバー、星空観察…話題の「知床流氷フェス」開催【北海道】 知床流氷

2005年、世界遺産に登録された知床は、流氷が見られることでも有名な場所。1月半ばから2月にかけて、徐々にオホーツク海を流氷が満たしていきます。

この時季、知床・ウトロでは流氷に触ったり、歩いたり、もぐったりするアクティビティも可能に。そして今年、「知床流氷フェス」が1月30日(月)~2月28日(火)の期間中、新イベントとして開催!

氷と雪で作られたドーム状の「アイスバー」でのドリンク提供や、知床の自然や動植物の画像の上映、ネイチャーガイドトークショーなど充実の内容で、冬の知床を満喫できます♪もちろん知床グルメを堪能できる飲食コーナーも。

また流氷を海中からライトアップする幻想的な景観も見ることができます。北海道の冬の風物詩を見に出かけてみませんか?

いつかはこの目で見てみたい!神秘的な流氷の魅力

流氷

真冬にオホーツク海にやってくる流氷

モンゴル高原から中国、ロシアの国境を抜けてオホーツク海に流れるアムール川。知床で見られる流氷はこのアムール川からやってきます。ゆっくりと南下してやってくる流氷は、1月下旬ころに知床半島に接岸し徐々にオホーツク海を満たしていきます。

知床・ウトロではこの時期に港に船を留めておくと、流氷の圧力でつぶされてしまうため船はすべて陸に揚げられます。知床半島の断崖絶壁はこうした流氷の浸食作用によって造られました。

神秘的な流氷の姿を一目見ようとたくさんの人が観光に訪れ、流氷ウォークやクルーズなどの様々なアクティビティを楽しみます。

知床の魅力をぎゅっと詰め込んだ新イベント!

知床流氷フェス

体験型のイベント「知床流氷フェス」

今年新たに始まる冬のイベント「知床流氷フェス」は、「国設知床野営場(グリーンステージ)」と「オロンコ岩トンネル奥(ブルーステージ)」の2会場で様々な催し物が企画されます。グリーンステージの焚火コーナー

グリーンステージの焚火コーナー

開催時間は日没後の18:30~22:00。グリーンステージでは、知床特製の飲食物の提供や氷の造形・アイスタワーを設置。氷と雪で作られたアイスバーでドリンク提供など盛りだくさんの内容で皆さんをお出迎え♪

冷えた体は焚火コーナーで温めましょう。知床の自然や動植物を紹介するスライドショーやネイチャーガイドトークショーも予定。開催日時はHPで確認してお出かけください。

流氷ライトアップや「流氷囲い」の展示も

流氷ライトアップ

海中からの流氷ライトアップ

海中から流氷を照らし出すライトアップは、ここでしか見られないかも?幻想的な流氷の姿に寒さを忘れて見惚れてしまうこと間違いなしです!「流氷囲い」展示
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。