体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コレをしているから食べ過ぎる!?過食を防ぐちょっとしたコツ3つ

◯◯しているから食べ過ぎる!?食べ過ぎを防ぐちょっとしたコツ3つ
食事だって運動だって、気を遣って頑張っているのにどうしてやせないの?そんな場合は、食事以外に原因があるケースがほとんど。日常生活を整えることで、ぐっとメリハリボディに近づけますよ♪

1:食事を楽しむ

食事を心から楽しんでいますか?食事の満足度は、精神的な部分も大きいものです。“食べてもいい”ものを厳格に制限しすぎて、いくら食べても満足できなくなってしまったり、食事管理のストレスで定期的に食欲が大爆発、なんてことも。

ゆっくりと味わって、よく噛み、時間をかけて食べましょう。そうすることで、食事がもっと幸せな時間になり、満足度も格段にアップ。制限しているときよりもずっと少ない量で食事を終えられる場合もあるんですよ。

時計や摂取カロリーの数字に踊らされずに、食欲にしたがって心から食べたいものを、食べたいときにだけ食べるようにしてみてください。食生活が大きく変わります。

食事を楽しむイメージ

2:イライラしない

食欲が爆発してしまう大きな原因の一つが、ストレス。ストレスを溜め込むと脳のはたらきが減退し、体内への指令も滞ってしまいます。すると全身の代謝が低下し、太りやすく老けやすい状態に。ストレスは美容の大敵です。

もちろん、ストレスをゼロにすることは難しいですよね。ストレスが溜まってきたなと思ったときに、自分で発散できるように調節する方法をもっておくことが大切。友人と遊んだり、思いっきり歌ったり、運動したりと、楽しくエネルギーを発散できる場をもっておきましょう。

友達と楽しむイメージ

3:没頭できる趣味を見つける

趣味がある人は、前向きな人が多いもの。日常生活の中に心から楽しめる活動があることで、どんなことにもポジティブに取り組めるようになります。何か嫌なことがあったときの、ストレス解消策としても頼りになりますよね。

趣味をしている時間は食事のことを忘れ、食事への執着を断つ効果も期待できます。

食事を楽しんでいなかったり、イライラが募っていたり、食事以外に没頭できるものがなかったりすると、過食にはしって太りやすくなります。3つの生活習慣を改善して、スムーズにメリハリボディを実現しましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

寒〜い季節にピッタリ♪温めてキレイになれるドリンク4選
心も頭も体もリセット。ため込まない燃焼体質をつくる、夜ストレッチ4つ
目尻のシワが改善?女性ホルモンに似た「エクオール」を作れる人の生活習慣
キレイな女は温かい?痩せやすい体質になるために、体温を上げる方法3つ
寒いとさらに辛くなる。肩こりは「楽ちんストレッチ」で乗り切る!

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。