体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1ヶ月以上の女子旅を円満にするために工夫すべき5つのこと

1ヶ月以上の女子旅を円満にするために工夫すべき5つのこと

卒業旅行シーズンが近づき、友達との旅行を計画している人も増えてきたのではないでしょうか。今回は、女子2人旅、長い旅行をする際に楽しく・気持ちよく過ごす秘訣をご紹介します♪

私は実際に卒業旅行で友人と2人で、ヨーロッパを1か月以上、南米を約2週間周りました。

数日の旅行では気にならないことも、長期の旅行では「気になるな、でもせっかくの旅行だから言えないな」とお互いがならないためにも様々な工夫をしていました。

 

1. シャワーと洗濯の順番を決める

pixta_19128935_S

photo by pixta

その時々で決めるのではなく、前もって決めてしまいましょう。必ず交代にしたり、都市をいくつも周遊するのあれば、都市ごとでどちらが先と決めておくのがベストです。

海外のホテルは、日本のように設備が完璧整っていないことも。お湯がほとんど出ないホテルで「さぁ、どちらが先に入る?」となったら出来たら後に入って様子を見たいですよね。公平に決めてしまえば、一つ悩む要素が減るわけです。

 

洗濯も同じです。部屋の中は干す場所が限られるので、日ごとに分けるのも良いかもしれません。連泊ではないと、乾かす時間が限られるので、これも決めておいたほうがベターです。

 

2. 美術館・博物館は別々に周る

pixta_16836919_S

photo by pixta

なんのために一緒に行ったの?と思う人もいるかもしれませんが、これはかなり良い案だったと思います。

興味が有る・無しはそれぞれ違うので、私たちは入口でだいたい何時くらい(はっきりとした時間を決めないのもポイント!)だけ決めて、あとは好きなように周っていました。先に終われば、近くの土産屋さんで新しい発見も。

自分のペースで周れるので、お互い気を遣わずに過ごすことが出来ます。あとで「あれ見た?これ見た?」と話も弾みますよ♪

 

3. 写真はピンでも撮る・他の人ととも撮る!

カメラ 帽子

photo by pixta

2人だけの思い出にとどめないというのもオススメです。短い旅行だとどうしても2人だけの時間がほとんどで、写真もほとんどが2人のもの、という方も少なくないと思います。

私たちはお互い、現地で会った人一緒に写真を撮り合いっこしていました。一人ずつはもちろん、レストランの人や、ホテルの人、行く先々で出会った人とも一緒に写真を撮りましょう。

 

完全に2人だけで周るよりも、現地で会った人も一緒に過ごすくらいの勢いの方が、思い出も増えますし、より楽しい時間が過ごせますよ。もちろん2人でも沢山撮って思い出を残しましょう♪

 

4. 人任せにしない!

shutterstock_480893116

photo by shutterstock

長い旅行の間には、行く予定だった施設が閉まっていた、迷子になってしまった、なんてことも起こります。そんな時に自分は分からないからと人任せにするのは絶対にNGです。

相手に負担をかけるばかりか、せっかく調べてもらった情報が異なれば、2人の雰囲気も台無しに。こういう時は自分から率先して解決策を調べたり、人に尋ねたりしましょう。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。