体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

流行を知っておきたい!2017年1月のWebデザイントレンド

本稿は、Webdesigner Depotのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、ライターのCarrie Cousins氏によって投稿されました。

 

新年の新しいデザイントレンドをお届けします。Webデザインの最も素晴らしいことの1つは、それが常に進化していることです。デザイントレンドやその兆候は、急に人気が高まっている新しいデザインのアイデアに注目することで発見できます。

そして、2017年1月のデザイントレンドは、余白を活かしたデザインのWebサイト、新しいオンラインショッピング体験、パステルカラーのカラーパレットなど興味深いものが多くあります。

 

目次

余白を強調したデザイン
新しいショッピング体験
パステルカラーのカラーパレット

 

1. 余白を強調したデザイン

余白を適度に使えるかどうかはデザインの運命を左右します。ホワイトスペース、背景色、テキスト、画像など、余白に何を使うとしても「空の」余白は大きな意味を持ちます。

余白を強調したデザインはトレンドの1つであり、ユーザーの視線を誘導したり、ユーザーにWebサイトやアプリの使い方を示すのに効果的です。

 

広々とした余白を活かしたデザインは、近年人気のあるミニマルデザインの延長上にあるスタイルといえますが大きく異なる点が1つあります。

それはミニマルデザインのように余白を均一に使った左右対称なデザインというよりも、画像・テキストと余白のバランスを考えた左右非対称なデザインを特徴としている点です。

ユーザーの視点からこのデザインを考えてみましょう。ユーザーは意識的あるいは無意識的に、最初にデザインの余白に視線が向かいます。次にデザインの中心的な部分に視線が向かいます。

 

この2段階のプロセスによって、ユーザーの注意を引いて視線を誘導することができるのです。

余白とデザインの中心的な部分のバランスを図ることによって、強いインパクトを生み出します。次にいくつか例を見てみましょう。

vera-620x427

VERAWANG:左の余白によって、ユーザーの視線をモデルの服に誘導できます。ファッションデザイナーにとって完璧なデザインです。

big-youth-620x427

Big Youth:テキストの周辺の余白によって、ユーザーの視線を見出しに集めます。見出しはサイトのトップページでユーザーに最初に見てもらいたいものの1つです。

david-robert-620x427

David Robert:余白によってユーザーの視線は最初に人物、次にその人物の経歴に向かいます。明暗のコントラストを際立たせていることで、効果が一層高まっています。右から左に読むように誘導しているのもクリエイティブです。まさにデザイナーに求められる技量です。

 

2. 新しいショッピング体験

オンラインショッピングの体験は、大きくは2つのカテゴリーに分けられます。

1つはAmazonに代表される大型ショッピングモールが提供するスムーズで完璧なショッピング体験。

もう1つは小さなオンラインショップなどでの決済するまでのクリック回数が多過ぎるショッピング体験です。

 

しかし、これらの中間のショッピング体験も必要ではないでしょうか。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。