体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JICAから市の職員に。東京→アフリカ→岩手で働いて感じたこと

JICAから市の職員に。東京→アフリカ→岩手で働いて感じたこと

みんなは将来、どこで働きたい?

 

東京→アフリカ→岩手と働いてきた人に、それぞれの場所で何をしてきて、どんなことを感じたかを聞いてみた。

 

どこで働くのがおもしろそうだろう?

 

 

 

東京は情報や人が集まるので選べるオプションが多い!

 

お話を聞いたのは大林孝典さん。

 

JICAから市の職員に。東京→アフリカ→岩手で働いて感じたこと

経営大学院卒業時

 

大林さんは高校生のころ、世界で働くことにあこがれていた。

 

だから大学を卒業すると、開発途上国の支援にかかわるJICA(国際協力機構)に就職した。

 

最初は東京本部で、開発途上国に向かう人の研修を手伝う仕事をしたそうだ。

 

JICAでは青年海外協力隊や専門家を世界中に派遣している。

 

その人たちにまず国内の研修で、国際協力の基本を身につけてもらうのだ。

 

JICAから市の職員に。東京→アフリカ→岩手で働いて感じたこと

経営大学院の仲間と

 

「当時よく考えたのは『人はどうやって学ぶんだろう?』ということでした。

 

長い時間をかけて練られた研修プログラムもありましたが、途上国で成果を出せるかは結局派遣する人の元の能力頼みなところがまだ強いと感じて、よりよい研修にしたかったんです。

 

部署のみんなで勉強会を開いたり、外部の講演会に参加したり、人材マネジメントを学ぶために社会人大学に通ったりしました。

 

東京のいいところは、情報や人が集まっていることだと思います。

 

何かに興味があるときに、イベントから専門機関まで、選べるオプションがいっぱいあるんです」

 

海外で働くと自分のキャパを広げて成長できる!

 

6年目、いよいよ自身も念願の海外へ!

 

向かうことになったのはアフリカのタンザニア。

 

JICA事務所は、ダルエスサラームという高層ビルが並ぶ一大都市にあった。

 

かと思えば国内には、いまだ水道も井戸もなく、川の水で生活するしかない地域もあった。

 

大林さんは現地の人と一緒に、水問題を考えることになった。

 

JICAから市の職員に。東京→アフリカ→岩手で働いて感じたこと

タンザニアサッカー仲間

 

「蛇口をひねれば水が出る生活にみんなあこがれています。

 

でも、日本ほど水資源は豊富ではなく、国土は日本の約2.5倍と広大。全土にいきなり水道を引くのはお金の面からも困難でした。

 

そこで優先度の高い地域から井戸を200~300本ずつ造る計画を立てるのですが、実は国内には、せっかくつくった井戸が2~3年で使われなくなったケースもあるんですよ。

 

それはなぜだろう?と現地をまわって調査をして、どうすれば長く使われる井戸にできるかを話し合い、対策を新しい井戸の計画に反映させました。

 

タンザニアには時間におおらかな人が多く、会議が1時間遅れで始まることも日常茶飯事でしたけど(笑)。

 

海外で働くおもしろさは、日本の常識が通用しない世界を体感できることだと思います。

 

そんな中で、色々な関係者と話し合いを重ねながら、一つのゴールに向かって階段を少しずつ上っていく。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。