体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エミネム、ケンドリック・ラマーの才能を見極めるためにとった行動とは?

エミネム、ケンドリック・ラマーの才能を見極めるためにとった行動とは?

 エミネムとケンドリック・ラマーはお互いを尊敬し合い友情を育んできたが、二人が出会った頃、ラマーのリリックの才能が本物かどうかを見極めるためにエミネムがテストしたことがあったらしい。伝説的プロデューサー、リック・ルービンから聞いたこの話をエド・シーランがラジオ・インタビューで披露した。

 「ケンドリック・ラマーが最高のラッパーだと聞いていたエミネムが、曲でコラボするために自分のスタジオに呼んだんだ。ラマーは友人たちと共にやって来たんだけど、エミネムが、“お前が一人でスタジオに入れ。俺のエンジニアが来てお前のラップを録音するけど、友達は中に入れない”って言ったそうなんだ。で、結局ラマーは一人でヤバいリリックを書いた。全員でそれを聴いた時にエミネムが、“ゴーストライターがいるんじゃないかって思ってたからテストした”って言ったんだって。でも実際はそんなことなくて、ラマーはやっぱり最高だって断言した。なんかかっこいい話だと思うんだよね」とシーランは話した。

 ラマーとエミネムの唯一のコラボは2013年のアルバム『ザ・マーシャル・マザーズ LP2』に収録されている「ラヴ・ゲーム」だ。

 シーランは2017年1月6日に新アルバム『÷(ディヴァイド)』に収録予定の新曲「キャッスル・オン・ザ・ヒル」と「シェイプ・オブ・ユー」を公開した。

関連記事リンク(外部サイト)

エミネムが新アルバム制作! 政治色の濃い新曲を公開
エミネム、あの名盤のカセット再発版に生家の廃材をパッケージング
エミネムのシェイディ・レコード、死去したラッパーの家族に1万ドルを寄付

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。