体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子に作ってほしい料理は? 夜の本気ダンスが熱弁

女子に作ってほしい料理は? 夜の本気ダンスが熱弁
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(月曜担当ナビゲーター:夜の本気ダンス)。1月9日のオンエアでは、彼らが「女性に作ってもらいたい料理」について、アツいコメントが飛び出しました。

この日の後半、リスナーからの投稿で「彼女がこんな料理を作ってくれたら惚れる!というメニューはあるか?」という質問を受けた彼らでしたが、まず米田貴紀(Vo/Gt)は「焼き飯!」と即答。これには「(定番の)ハンバーグはうれしいけど、ありきたりすぎる」という鈴鹿秋斗(Dr)も共感した様子で、「焼き飯ってさ、それを主軸に何でもできるやん。焼き飯プラス麻婆豆腐とかさ。だから焼き飯が美味しかったら有難いよな」と、おかずとの組み合わせ次第で、その魅力がさらに膨らむという利点も挙げました。

続いて、実は料理男子で「焼き飯も作れるんですよ、美味しいやつ」と語る西田一紀(Gt)は、「煮物」をチョイス。その理由は「簡単なやつは自分で作れるからええねん。面倒臭がりやから、手のかかるやつを作ってくれると嬉しい」とのことでした。ちなみにこれを聞いた“焼き飯派”の米田からも「煮物とか出されたら、『あ、できる人や』って思うな」という声が。また、マイケル(Ba)からも「和食作られたらちょっと得点高いかも。難しかったりするから」とコメントするなど、地味ながらも手間と技術を必要とする和食を高評価している様子でした。

そして、最後に定番の「卵焼き」と答えたのが鈴鹿。彼は「卵は大事やねんて! 味付けとかさ」と、シンプルな料理ゆえに、味付けによってその人との相性が出やすいことを理由として挙げると、「初めての料理で砂糖で来られたら、考えなおすわ。距離を置くわ」と、その味付けが「塩派」or「砂糖派」のいずれかで、相手への好感度が大きく変わると発言(笑)。これには西田も「わかるわかる。俺も、『甘党やからって卵焼きも砂糖と思うなよ』って思うわ」と同意していました(笑)。

最終的には「合わせてくれることがね、嬉しかったりしますよね」(米田)、「合わせて欲しいな。合わせた味やったら何でもいい」(鈴鹿)と、何を作ってくれるか? という点ではなく、どんな料理であっても、その味付けを、自分の好みに合わせてくれることが高評価のポイントであるという結果になったようです(笑)。

また、この日は名物コーナー「どエス米田の勝手にALBUMレコメンドSONG!」のほかに、成人の日にちなんで、「20歳」をテーマにそれぞれが楽曲を紹介したりと、盛りだくさんの内容をオンエア。新コーナーとしてスタートする「クイズ!西田一紀」のお題も発表されるなど、バラエティに富んだ内容となりました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。