体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ハウステンボス ニューイヤーSPライブ」にMWAM、SHANKらが登場し約7,000人が大熱狂

「ハウステンボス ニューイヤーSPライブ」にMWAM、SHANKらが登場し約7,000人が大熱狂

1月3日、長崎・ハウステンボスで平成28年熊本地震からの復興を祈願した「がんばろう!九州キャンペーン ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ 2017」が開催された。

「がんばろう!九州キャンペーン」での音楽イベントは、昨年6月11日の「ハウステンボス MUSIC FES.2016」以来2回目の開催となる。

当日は晴天にも恵まれ、音楽ファン約7,000人が来場。“音楽のチカラ”で、被災地支援と九州全体に元気を届けたい想いから、出演者とハウステンボスがタッグを組み、ライブイベントが実現。また、会場には復興支援募金箱が設置され、収益金の一部は復興義援金として活用された。

オープニングは長崎が誇るスリーピースバンド「SHANK」が登場。Vo.庵原将平はMCで「デートばするならハウステンボスに来んば!」と長崎弁を交えながら、14曲を演奏し会場を盛り上げた。

photo by Daisuke Sakai[FYD inc.]
その後、熊本から「熊本城おもてなし武将隊」が登場。4人の武将らが華麗な演舞を披露し、復興支援に対する感謝と、熊本の今を伝え来場者から大きな拍手が送られた。

photo by Daisuke Sakai[FYD inc.]
そしてラストは、MAN WITH A MISSIONが登場。Vo.ジャン・ケン・ジョニーの「お正月から実家に帰らずに、ライブに来てくれてありがとう!」とファンへの感謝から始まったライブは、オープニング曲「evils fall」で熱狂に包まれた。

ライブの中盤には、ハウステンボスで開催中の世界最大イルミネーションイベント「光の王国」や、レンタサイクルで場内を満喫する映像が流れ、DJ サンタモニカがバンジージャンプに挑戦するシーンでは、会場中に笑いが広がる。

アンコールを含む全15曲を熱唱し、最後はハウステンボスのキャラクター「キラリ」も加わり、出演者そして来場者とともに記念撮影。ジャン・ケン・ジョニーが「九州のみなさんが、このライブで少しでも元気になればうれしいです!」とライブを締めくくった。

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。