体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう二日酔いなんてしない!医師が教える悪酔いしないお酒の呑み方

もう二日酔いなんてしない!医師が教える悪酔いしないお酒の呑み方
楽しくお酒を飲んでいたつもりが、ついつい飲み過ぎてしまって翌朝二日酔いでダウンしてしまった、なんて経験ありませんか。

出来れば美味しくいただきたいお酒ですが、二日酔いは避けたいもの。そもそもなぜ二日酔いで体調を崩してしまうのでしょうか。

今回は二日酔いのメカニズムから、起こりうる危険な症状、間違った解消法、正しい予防方法を医師の建部先生に解説していただきました。

「お酒を飲んで酔う」ということ

もう二日酔いなんてしない!医師が教える悪酔いしないお酒の呑み方
一年を通して、私たちはお酒をたしなみますが、冬の時期は一層、その機会に恵まれています。

今回はそのお酒を美味しく頂きすぎてしまった結果、起こってしまう二日酔いについて少しお話をしてみます。

お酒による酔いは2つある?

実は「お酒を飲んで酔う」ということには次の2つの種類があります。

■ お酒に含まれるアルコールが脳に作用することで起こるもの

■ 体内に入ったアルコールが分解されてできた物質によって引き起こされるもの(いわゆる二日酔い)

お酒に含まれるアルコールはまず胃と小腸で吸収され血液中に入ります。血液中に入ったアルコールは脳へ到達し脳の麻痺やその機能低下が生じます。これが「お酒を飲んで酔う」という状態なのです。

具体的には、軽い興奮状態となり、気が大きくなったり、気分が良くなったりする状態となります。

二日酔いの3つの分類

もう二日酔いなんてしない!医師が教える悪酔いしないお酒の呑み方
二日酔いは症状が現れるタイミングによって以下3つのタイプに分けられます。

1. 下戸

お酒を飲んですぐに二日酔いの症状が出ます。

2. 悪酔い

お酒を飲んでいる最中に頭痛や吐き気を催します。

(注:悪酔いには「酒を飲んで横柄な態度をとったり暴れたりする」という意味もあり。)

3. 二日酔い

お酒を飲んだ翌日に症状が出る真の意味での二日酔いとなります。

二日酔いのメカニズム

もう二日酔いなんてしない!医師が教える悪酔いしないお酒の呑み方

原因はアセトアルデヒド

血液中のアルコールは、肝臓内でアセトアルデヒドを経て酢酸となり最終的には二酸化炭素と水に分解されますが、実はその肝臓での分解処理過程で出来るアセトアルデヒドこそが二日酔いの原因物質なのです。

具体的には、アセトアルデヒドが血中に蓄積されると、皮膚の紅潮や心拍数の上昇、嘔気や嘔吐などの状態が生じ、酔った状態となります。

肝臓が分解できるアセトアルデヒドの量と二日酔いの関係

肝臓がアセトアルデヒドを一度に分解できる量は限られており、血液中におけるそのアセトアルデヒド濃度が高くなると頭痛、吐き気、発汗など、いわゆる二日酔いの症状を引き起こし、アルコールの利尿作用によって生じる血管内脱水の状態やアルコール性胃炎など胃腸の不具合等も重なります。

また近年、二日酔いのメカニズムについて、アセトアルデヒド代謝後でも二日酔いの症状は続く場合もあることや、アセトアルデヒド血中濃度と二日酔いの重症度は必ずしも相関しない、という報告もあり、二日酔いにおけるアセトアルデヒド犯人説に疑問を呈する意見もあります。

二日酔いになりやすい人となりにくい人の違い

もう二日酔いなんてしない!医師が教える悪酔いしないお酒の呑み方

二日酔いのなりやすさは遺伝で決まる?

アセトアルデヒドを人体に無害な酢酸に変換するときに、主に働く肝臓内の酵素、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の個人差にあり、遺伝的にその強さが決まっていて全く機能していない人もいます。

今のところ、そのアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)は19種類が知られていて、主に関与するのはALDH1、ALDH2、ALDH3の3種です。

特にALDH2で大きな個人差・能力差が存在し、 その活性が弱いと二日酔いや悪酔いをしやすくなります。

ALDH2を作り出す遺伝子には、酒に強い、いわゆるアセトアルデヒド分解能力が高いとされるN型(ALDH2*1)と、突然変異で分解能力が低下したD型(ALDH2*2)の2種類があります。

3パターンのアセトアルデヒド分解能力

1:酒に強い人=アセトアルデヒド分解能力の高い人(NN型)

2:酒に弱い人=アセトアルデヒド分解能力の低い人(ND型)

3:酒が全く飲めない人=アセトアルデヒド分解能力が乏しい人(DD型)

基本的な「お酒に強い・弱い」といった体質は受け継いだ遺伝子で決定されてしまっているのです。そのため、お酒に弱い遺伝子を受け継いだ人は「二日酔いになりやすい体質」となります。

また近年の研究では、ALDHのタイプのみならず、肝臓内においてアルコールがアセトアルデヒドに変換される際に働くアルコールデヒドロゲナーゼ (ADH) のタイプとの組み合わせによって、二日酔いのなりやすさやアルコール依存症やアルコール由来の各種疾患にかかってしまう確率が変わることが分かってきています。

二日酔いで起こる危険な症状

もう二日酔いなんてしない!医師が教える悪酔いしないお酒の呑み方
人体にとって有害なアセトアルデヒドが一定量ずつでしか無害な物質に作り替えられないため、その影響が二日酔いとして以下の症状を呈します。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。