体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代

ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代

朝、ベッドから起きるのがつらい季節ですね。ぬくぬく、もう少しだけ入っていたい…と思いつつも、意を決してバーン!

おそらく布団を整えないまま外出する人もいるでしょう。そこで、このGIFをご覧ください。ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代

試作段階の映像とのことですが、布団が自動できれいに!つまり、夜に疲れて帰宅したら、ベッドがきれいにメイキングされているということ。まるでホテルです。

この「ベッドを整える」という作業は意外に時間がかかるし、面倒くさいもの。また、見方を変えれば、お年寄りや体が不自由な人にとっては重労働でもあります。

そして、このプロダクトが「Kickstarter」でクラウドファンディングしていたのです。もうベッドメイクとはおさらばできるかも!?

スマホと連動して
決まった時間にベッドメイク

ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代SMARTDUVET(スマート・デュベ)」と名付けられた、この布団システム。構造はとても簡単です。グリッド状になったバッグに空気を送り込んで、掛け布団をまっすぐに、かつきれいに整えるというもの。ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代

専用アプリを使えば、遠隔からの操作も可能だとか。毎日決まった時間を指定しておけば自動でベッドメイクしてくれるし、曜日ごとの設定もできるので「日曜はゆっくり寝ていたいから遅めの時間に」なんてのもあり。

セットアップは
掛け布団カバーに入れるだけ

ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代

セットアップは、グリッド状のシートを、掛け布団と掛け布団カバーの間に入れるだけ。ズレないように留めておく付属の器具で固定し、空気を送り込むホースを繋いで準備完了。

本体は、ベッドの下にでも置いておきましょう。

シングル、ダブル、クイーン、キングとサイズ展開もばっちりで、専用の掛け布団ごと買うことも可能だそう。クラウドファンディングには成功したようなので、1日も早い市販化に期待したいところですね。

ちなみに、 Kickstarterではどのサイズも199ドル(約23,000円)でした。実際はもう少し高い販売価格になりそうですが、ベッドメイキングの手間から解放されること&毎日きれいなベッドに入れることを考えると、意外に安い買い物かも?Licensed material used with permission by SMARTDUVET

関連記事リンク(外部サイト)

何これ欲しい・・・自動で「ベッドメイキング」をしてくれるベット
究極の浮遊感!「体と頭の疲れ」を同時にほぐすウォーターベッドが登場
ソファベッドにちょっとだけ「テント」の要素を加えてみました!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。