体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

柔らかい焼き豚を使用した「焼豚の釜めし」

1月9日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、大河ドラマで話題の女城主「井伊直虎」が活躍した地を目指す旅の中で、藤田朋子さんが「Pino・Cafe(ピーノカフェ)」(愛知県豊川市)を訪れた。

こちらは徳川家康が整備させたという御油の松並木沿いにあるカフェ。店名の「Pino」はイタリア語で「松」の事。古民家を改装した趣ある店内で自慢の創作料理を楽しむ事が出来る。

番組では、イチオシの人気メニューの「焼豚の釜めし」を紹介。釜めしには鶏肉を使う事が多いが、柔らかい焼き豚を使用している。何度も試行錯誤を繰り返して出来上がったこだわりの逸品なんだとか。

運ばれてきた「焼豚の釜めし」を見た藤田朋子さんは、「わ!本当に釜!釜だ!すごーい!」と歓声を上げた。そしてご飯を混ぜると、「うわー!釜めしと焼き豚の融合って、何か不思議なビジュアルですね。これ、ちょっと初めての感じかも…」と驚きながらも一口頂くと、「脂が美味しい!豚は脂ですよね!」と絶賛。店主も、「焼き豚は全然あっさり。釜めしは肉の脂で一気に美味しくなる。僕もうちの釜めしの中で一番好きなんです。」とコメントしていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:PinoCafe(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:蒲郡・東三河のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:蒲郡・東三河×カフェ・スイーツのお店一覧
時間を気にせず楽しめる食べ放題のレストラン
時間制限なしの食べ放題「江戸前寿司」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。