体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

七福神にちなんだ「谷中七福神そば」

1月6日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、東京・谷中エリアの江戸七福神をめぐる旅の中で、藤吉久美子さんが「松寿庵」(東京都台東区)を訪れた。同店は京成本線日暮里駅から徒歩5分にある蕎麦店だ。

藤吉さんは店の外に出ていたのぼりの「谷中七福神そば」に惹かれ、こちらに入店。お正月の七福神巡りにちなんでお店の方が考えたという「谷中七福神そば」を注文した。具だくさんで彩り鮮やかなこちらの蕎麦は、正月に限らず一年中頂ける看板メニューだ。

具材のエビは恵比寿、フクロダケは大黒天、紅白かまぼこは弁財天、鶏肉は毘沙門天、うずらの卵は布袋、寿老人は海苔、タケノコは福禄寿を表しているんだとか。お客さんにもよく聞かれるので店内には説明文が貼ってある。

早速そばを頂いた藤吉さんは、「んー!あー美味しい!あったまるー!お母さん、ダシ美味しい!」とコメント。だしは2種類のカツオ節から取っているそう。お腹も心も温まる一杯だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:松寿庵(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:日暮里のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:日暮里×和食のお店一覧
時間を気にせず楽しめる食べ放題のレストラン
時間制限なしの食べ放題「江戸前寿司」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。