ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【プロ野球順位予測】平松政次氏「巨人は森福効果大きい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測。カミソリシュートを武器に巨人キラーとして活躍した平松政次氏は “史上最大級”と称される大型補強を敢行した巨人に注目する。

 * * *
 巨人はソフトバンクで通算141HP(ホールドポイント=ホールド+救援勝利数)をあげた森福允彦(30)の加入が大きい。変則左腕は相手打者の左右に関係なく成績が残せる。陰りの見えてきた山口鉄也(33)に取って代わる活躍をすると思います。

 現代のプロ野球で勝敗を左右しているのは、ストッパーよりも先発の作った流れを引き継ぐセットアッパー。パでも有数の左キラーの加入で、阪神に移籍してきた糸井嘉男(35)やDeNAの筒香嘉智(25)など各球団の左の主砲を抑え込めれば、15~20勝の上積みが見込めるといっても大袈裟ではない。

 DeNAから山口俊(29)が来たのももちろん大きい。巨人打線の援護を受けながらシーズンを通してローテーションを守れれば貯金10は計算できる。新加入の投手が実力通りに働けば、独走するでしょうね。

 シーズンが始まると計算通りに行かないのが常ですが、それを差し引いても巨人の優勝は揺るぎないでしょう。

 古巣のDeNA? 残念ですが最下位争いが濃厚です。山口の抜けた穴が埋められていない。2016年はCSに進出したといってもシーズン成績は借金2です。そこから11勝のエースが抜けたとなると、上位進出は厳しい。ドラ1の濱口遥大(21、神奈川大)に期待したいところだが、大学最後の試合を1イニング5失点でノックアウトされている。大学生相手にそれだとプロでは苦労しますよ。

 2位には阪神を挙げた。打てなかったチームにとって糸井嘉男(35)の加入は大きい。甲子園で左打者の本塁打は期待しにくいが、昨季53盗塁の足は威力を発揮すると思う。巨人を脅かすことができるとすれば阪神ぐらい。とにかく頑張ってもらわないとペナントが盛り上がらない。

 広島は4位。黒田博樹の抜けた穴は昨オフのマエケン(前田健太)のメジャー移籍より大きい。精神的支柱ですからね。

 CS進出に近いのはむしろ森繁和・新監督の中日。森監督はコーチ時代、自らドミニカでのウィンターリーグを視察して外国人選手をスカウトしていた。その独自ルートは侮れない。新加入の外国人選手がうまくハマればAクラス入りに現実味が出てくる。

 パは選手層の厚いソフトバンク。昨季、日本ハムに大逆転を許したのは、どこかに油断があったからでしょう。森福が抜けた穴は大きいので日本ハムと実力差はさらに拮抗するが、それでもクビ差でソフトバンクが上とみています。

 日本ハムがその実力差を逆転できるかは、やはり大谷翔平(22)次第。球団がメジャー移籍にGOサインを出したことで、故障を怖がって適当に流すか、それとも米移籍前年に24勝0敗という成績を残したマー君(田中将大)のように、メジャーからの評価をさらに上げにいくか。大谷の性格からいえば後者だと思うので楽しみだ。

 西武の岸孝之(32)をFAで獲得した楽天は12~13勝の上積みが計算できるが、3位が精一杯。

【順位予測】
セリーグ/パリーグ
1位:巨人/ソフトバンク
2位:阪神/日本ハム
3位:中日/楽天
4位:広島/ロッテ
5位:ヤクルト/西武
6位:DeNA/オリックス

※週刊ポスト増刊2017新春スペシャル

【関連記事】
野球解説者・杉本正氏 和田毅のソフトバンク復帰は大きい
大谷翔平 オフ返上で肉体改造に着手し体重100kgに増量計画
ダンカン 賭博の巨人には戦う資格ないのでセ・最下位認定

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。