体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トイレやお風呂はどうする? 宇宙飛行士の1日を体験できる宇宙テーマパーク

【フランス】好奇心を刺激するトゥールーズの宇宙テーマパークへ!

航空宇宙産業の盛んなフランス南西部のトゥールーズ。現在、国際宇宙ステーション(ISS)でミッション中のフランス人宇宙飛行士トマ・ピスケさんが当地の国立宇宙航空学校「Isae Supaero」出身ということもあり、盛り上がりを見せています。

宇宙への造詣を深めるべく、市内にある敷地面積4ヘクタールの宇宙テーマパーク「シテ・ド・レスパス(Cité de l’espace)」を訪れてみましょう! 

ロケットに宇宙ステーション! 好奇心を刺激する野外展示場

【フランス】好奇心を刺激するトゥールーズの宇宙テーマパークへ!

1997年開館の巨大なシテ・ド・レスパス、まずは野外展示場へ。一際目を引くもの・・・といえば、53メートルを誇る実物大の「アリアン5」のモデル! ISSに食料や医療、補修用の部品などを送るための無人ロケットです。

【フランス】好奇心を刺激するトゥールーズの宇宙テーマパークへ!

1970年代アポロ計画の際にアメリカ人宇宙飛行士が撮影した衛星写真。地上から10万キロ離れた宇宙からは、地球がこのように見えるそう。人工衛星ではなく、ヒトが撮影した価値ある1枚です。

【フランス】好奇心を刺激するトゥールーズの宇宙テーマパークへ!

1986〜2001年まで活躍した実物大スケールの宇宙ステーション「ミール」。

【フランス】好奇心を刺激するトゥールーズの宇宙テーマパークへ!

船内に入り、ミール内の様子を知ることができます。ステーション内は、実験が行われるスペース「実験モジュール」や宇宙飛行士が日常生活を送る「居住モジュール」などに分かれています。船内は地上と同じように生活できる空間になっているそうです。詳細はこちらから。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
【現地ルポ】シティバイクでめぐる!南仏トゥールーズの旅
人類は今世紀中に火星へ・・・火星でも野菜や穀物が育つことが判明
宇宙好きにはたまらない!アメリカの宇宙・ロケットセンター
狭い地上は旅し尽くした。それならロケット打ち上げの旅へ出てみよう

【フランス】好奇心を刺激するトゥールーズの宇宙テーマパークへ!

館内の常設展へと向かう前に、ロシアの有人宇宙船「ソユーズ」を訪れてみることにしましょう。

【フランス】好奇心を刺激するトゥールーズの宇宙テーマパークへ!

こちらは1967〜1970年代に宇宙へ飛び立った第1世代ソユーズの実物大モデル。通常は乗船できる時間が決まっているのですが、今回は特別に体験させていただきました。ソユーズ内の乗船体験ができるのは、世界でもシテ・ド・レスパスだけ! フランス人宇宙飛行士のピスケさんは、第6世代のソユーズ「49S」で宇宙へ飛び立ちました。 

【フランス】好奇心を刺激するトゥールーズの宇宙テーマパークへ!
1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。