体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LGディスプレイ、アスペクト比18:9を採用したスマートフォン向け5.7インチQHD+ LCDパネルの量産開始を発表

LG ディスプレイは 1 月 10 日、アスペクト比 18:9 を採用したスマートフォン向け 5.7 インチ QHD+ LCD パネルの量産を開始すると発表しました。QHD+ は解像度 2,880 x 1,440 ピクセルと、既存の WQHD よりも解像度が高く、スマートフォンで一般的な 16:9 のアスペクト比よりも縦に長い形状となっています。同社は、このようなアスペクト比を採用した理由について、マルチウィンドウなどによるマルチタスク利用が拡大しているからだと説明しています。新製品はタッチセンサー内蔵のインセル型パネルで、パネルの厚みは 1mm にまで抑えられています。また、従来製品よりも左右と下ベゼル幅をそれぞれ 20%(0.2mm)、10%(0.54mm 削減し、透過率を 10%、電力効率を 30% 向上したとされています。LG の次期フラッグシップ「G6」に採用してくるかどうか注目されるところです。Source : LG ディスプレイ

■関連記事
ASUS、ZenFone 3 DeluxeのアップデートでAudio WizardにPureモードを追加
ロア・インターナショナル、左右独立型のスタイリッシュなBluetoothイヤホン「Beat-in Stick」を発売
NVIDIA、新型SHIELDの発売に合わせて現行モデルにAndroid 7.0 Nougatアップデートを配信予定

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。