体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「死ぬまで働く予定があるか?」というミレニアル世代に対する調査で、日本が世界トップに・・・

「死ぬまで働く予定があるか?」というミレニアル世代に対する調査で、日本が世界トップに・・・

どんな職に就いていたとしても、ゴールの見えないま生涯働き続けなければなければいけないのかどうか、不安に思っている方は多いはず。しかし、働き始めて間もない(?)いわゆるミレニアル世代(1982年から1996年生まれ)は、一生働くと腹をくくっている人が多いようだ。

世界各国の働くミレニアル世代は、一生を終える前に仕事をリタイアするという選択をどう考えているのだろうか?

米マンパワーグループは、 25カ国の働くミレニアル世代1万9,000人に調査を実施。そのうち、「死ぬまで働く予定があるか?」という以下のアンケートは気のめいるような結果になった。

死ぬまで働く予定と答えたミレニアル世代
米マンパワーグループ、労働白書「ミレニアル世代のキャリア 2020年に向けたビジョン」より

1位 日本 37%
2位 中国 18%
3位 ギリシャ 15%
4位 カナダ 14%
同率4位 インド 14%
同率4位 シンガポール 14%
7位 イタリア 12%
同率7位 オランダ 12%
同率7位 イギリス 12%
同率7位 アメリカ 12%
11位 オーストラリア 11%
12位 ブラジル 10%
13位 ドイツ 9%
同率13位 ノルウェー 9%
15位 フランス 8%
同率15位 メキシコ 8%
同率15位 スイス 8%
18位 スペイン 3%
(19位以下は省略)

調査の結果は、何と日本が断トツの1位で、実に日本の3分の1以上のミレニアル世代の若者が、仕事を死ぬまでリタイアするつもりがないと答えた。

世界的に見ると、半数以上が65歳以降も働くと回答しており、さらに驚くべきことに、世界のミレニアル世代の12%が死ぬまで働くと考えているのだ。

また、同白書によると、2020年までには、ミレニアル世代が世界の労働力の3分の1以上を占めることになるという。

■参照リンク
マンパワーグループ ニュースリリース
http://www.manpowergroup.jp/navi/press/160524_001.html
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
SMAP、27時間テレビ伝説のライブ映像公開 中居くんに改めて称賛の声多数
ダウンタウン浜田雅功のスゴすぎるMCテクニックをケンコバが語る
ウサイン・ボルト級に足がメチャクチャ速い審判がいるとネット上で話題に【動画】
明治生まれ105歳の世界記録ホルダー、宮崎秀吉さんに海外からも称賛の嵐 「真のスーパーマン」「生きているだけでも凄い」

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。