体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米ソング・チャート2位に急上昇! 中毒性抜群のミーゴズ「バッド・アンド・ブージー」(Song Review)

米ソング・チャート2位に急上昇! 中毒性抜群のミーゴズ「バッド・アンド・ブージー」(Song Review)

 米ニュージャージー州ローレンスビル出身の3人組ヒップホップ・ユニット、ミーゴスの「バッド・アンド・ブージー」が、最新の米ビルボード・ソング・チャート(2017年1月14日付)で、前週の13位から2位へジャンプアップし、自身初のTOP10入りを果たした。

 ミーゴズは、オフセット、クエヴォ、テイク・オフの3人で結成された、新星ヒップホップ・トリオで、2017年注目アーティストの1組。メンバーのクエヴォは、2016年12月9日にリリースされた、ポスト・マローンのデビュー・アルバム『ストーニー』にも参加した。ドレッド・ヘアに金のネックレス、両腕に入れたタトゥーなど、いかにもなビジュアルも、若者を中心に人気を博している。

 独特なリズムの刻み方、吐息や叫声を交えた彼らのラップは、中毒性抜群。サウンドは、2016年に大ヒットした、デザイナーの「パンダ」や、D.R.A.M.の「ブロッコリー」、現在チャートを急上昇中の、アミーネの「キャロライン」でも人気を集めている、トラップ・ミュージックが使われている。

 ミーゴズは、2011年8月にリリースした、ミックステープ『ジャグ・シーズン』でシーンに登場、3作目のミックステープ『Y.R.N』がラップ・チャートで74位をマークし、注目を浴びた。その後、計15作のミックステープと、シングルを14曲リリースし、2015年7月に発売された、待望のデビュー作『ユング・リッチ・ネイション』は、R&Bチャート5位、ラップ・チャートでは3位まで上昇するヒットを記録した。

 そして、2017年1月27日には、2ndアルバム『カルチャー』が発売される予定で、「バッド・アンド・ブージー」は、本作からの先行シングルということになる。シングル曲としては、2014年の「ファイト・ナイト」で記録した69位が最高位だったが、この曲で一気に記録を更新、彼らのブレイク曲になったということは、言うまでもない。

 フィーチャリング・ゲストとしてクレジットされているラッパー、リル・ウージー・ヴァートにとっても、初のランクインとなり、自身のソロ・ナンバー「ユー・ワズ・ライト」もヒット中。この曲も、「バッド・アンド・ブージー」に通ずるトラップ・ミュージックだ。「バッド・アンド・ブージー」の大ヒットを機に、2017年は両者の大活躍が期待されている。

Text: 本家 一成

◎「バッド・アンド・ブージー feat.リル・ウージー・ヴァート」MV
https://youtu.be/S-sJp1FfG7Q

◎リリース情報
「バッド・アンド・ブージー feat.リル・ウージー・ヴァート」
ミーゴズ
2016/10/28 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/iarIkp

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・ソング・チャート】レイ・シュリマーが1位に返り咲き、2位に急上昇したミーゴズに注目
【ビルボード】ブルーノ・マーズが洋楽チャート1位返り咲き、ジョージ・マイケル関連楽曲6曲がTOP20入り
【グラミー賞】ノミネートのD.R.A.M.、自身のヒット曲にちなんでブロッコリーの素晴らしさを伝える

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。