体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お値段12万円也!超ハイエンドのイヤフォン「Xelento remote」登場

Xelento remoteドイツのオーディオ機器メーカー、Beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)が、インイヤー型の最新イヤフォン「Xelento remote」を発表した。

強力な磁気回路を活用するテスラテクノロジーを搭載し、超ハイエンドサウンドを実現。同社のクラフトマンシップで作られているだけに、お値段も12万円超となっている。

・ハイレゾプレーヤーで

テスラテクノロジーでは、すべてのアコースティックレンジをニュートラルにカバーし、ダイナミックさとバランスの良さを兼ね備えた音を楽しめる。

Xelento remote2ハイエンドの音が耳の奥まで届くので、スマホやハイレゾプレーヤーで使うのに理想的とのこと。

・イヤーチップは7サイズ

音質に加え、装着時のフィット感にこだわっているのも特徴だ。耳の形状を研究し、イヤーチップの先を楕円形にすることでより快適に装着できるようにした。

また、イヤーチップのサイズもXSから3XLまで7種類を揃えるという力の入れようだ。

Xelento remote3・すべて手作業で製造

詳細部分までこだわり抜いたこのイヤフォンはすべて手作業で作られ、まさにドイツの職人気質が濃縮されている。もちろん価格もそれなりで、1050ドル(約12万2000円)が見込まれている。

簡単に手を出せる額ではないが、一度体験すると手放せなくなりそうなXelento remoteはこのほど開かれたCES 2017で発表され、2月から発売される予定。

Xelento remote/Beyerdynamic

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。