ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相澤英之さん、84歳で弁護士登録した理由を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 70歳を過ぎた政治家が引退したあとは、のんびり隠居生活にうつる人も少なくない。ところが、元経済企画庁長官の相澤英之氏は、2005年に84歳で弁護士登録をした。相澤氏は現在97歳にもかかわらず、血色がよく、我々取材班と名刺を交わすなり「良い名前だ」と気を回す。取材終了と同時に、地方自治体とタブレットでのテレビ電話会議に突入した。

 * * *
 人生にはいろいろ分かれ道があるけど、私の場合は大蔵省に入るまでは普通の道のりでした。

 ところが入省してすぐ陸軍に召集され、主計将校として北京に渡り、物資の買いつけを行ないました。終戦時はソ連軍に拘留されて「内地に帰してやる」と騙され、シベリア鉄道の貨物列車で23日間運ばれて、ボルガ川の支流近くにあるエラブガ収容所で2年半を過ごしました。あらぬ疑いで4か月間独房に入れられ、拷問こそされないけれど、毎日夜11時から夜明けまで同じ尋問を繰り返されて苦しめられました。

 今でもあの時代の最低の暮らしを思い起こせばなにがあっても我慢できます。その経験からいうと、今の日本は平和ボケしている。戦争は絶対にしてはならないけど、平和のためにも軍備は他国並みに備える必要があります。

 終戦から3年でようやく帰国。帝大時代に司法試験に合格していたので帰ったら弁護士をやろうとずっと思っていた。でも、帰国の挨拶に行った大蔵省で「よく帰ってきた。待遇はみんなと一緒にしてやる」といわれてコロッと気が変わって“復職”してしまいました(苦笑)。

 大蔵省の主計局長時代などには田中角栄さん(元首相)と折衝しました。日米繊維交渉をまとめるため、角栄さんは大蔵省に1500億円の予算を求めてきた。無茶な要求でしたが日米の外交のためになんとか飲みましたよ。

 その後、角栄さんから「都知事戦に出ろ」と誘われました。出るなら国政と思っていたので「金がありません」と断わったら、「金は自民党が出す。石原(慎太郎)は名前は売れているから3億円、君なら15億円出す」とズバッといわれましたね(笑い)。

 役所の仕事には法令に基づく限度があります。私は様々な法令の問題点を是正したくて政治家になり、実際に30件の議員立法を実現しました。

 政治の師匠は大蔵省の直系の先輩だった福田赳夫さんです。ある時、大蔵省の事務次官を誰にするか相談された。「角はなんていってる?」というので角栄さんに聞くと「福田はなんていってる?」と。

 らちが明かないので、つい「主計局長をやって事務次官になっていない人はいない」と助言して、直後にはっとした。実は福田さんは主計局長経験者だけど事務次官にならなかった人。大失言だよ。そっと顔を見ると憮然としていてさ。なんとか取り繕ったね(苦笑)。

 70歳ぐらいで胃がんが見つかり、経済企画庁長官になった後に胃を全摘しました。その2~3か月後に解散総選挙があり、点滴を打ちながら選挙活動して15キロ痩せました。官僚の時から、1日にタバコ100本以上、酒も1日1升だったのをやめて、おかげで健康になりました。今も目は両方0.8で耳もよく聞こえるし、年に100冊くらい本を読みます。

 とはいえ、90代まで長生きするとは思いませんでした。“お前はまだ仕事をしろ”ということでしょうね。政治家を辞めてから84歳で弁護士登録したのも、せっかくの資格なので世の中に奉公したかったからです。

 私の好きな言葉は「一日生涯」。1日1日がこれきりの生涯であり、同じ日は決して繰り返さないという意味です。この言葉を胸に刻んで、過去を悔やまず、どんな歳になっても、実現したいことを持って全力で前を向いて生きていきたい。

 まだまだやりたいことばかりです。麻生派の顧問として、例会にも顔を出しているし、弁護士としては困っている人のために仕事をしたい。いいたいことも多いから、この歳になっても、ブログやフェイスブックで発信していますよ。

●あいざわ・ひでゆき/大分県宇佐市生まれ。東京帝国大学卒業。1973年に大蔵事務次官就任、衆院議員に当選9回、1990年に経済企画庁長官に就任。2005年に弁護士登録。勲位は勲一等旭日大綬章(2002年)。

※週刊ポスト2017年1月13・20日号

【関連記事】
日本独特の横の繋がり「同期」をエリート社会から分析した本
大蔵官僚 芸者ともみ合いの乱痴気騒ぎすれば一人前だった
1000年以上続く将門の怨念伝説 過去に大臣が変死したことも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。