体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Chrome OSのAndroid 7.1.1バージョンアップが現行のCanaryチャンネルで確認される

Chrome OS 53 から Chromebook では Android アプリと Google Play ストアを利用できるようになりましたが、今後、アプリの実行環境が Android 7.1.1 にバージョンアップすることが確認されました。上図は ThinkPad Chromebook 上で最新の Canary チャンネルを実行した時に撮影されたスクリーンショットで、OS バージョンが Android 7.1.1 になっていることを確認できます。Chrome OS の Android アプリ実行環境は正式対応から Android 6.0 でしたが、Android 7.1 へのバージョンアップによって対応アプリが増える拡大するほか、API レベルで可能なコトも増えます。Android 7.1 へのバージョンアップは今月リリースされる予定の Chrome 56 で行われると伝えられていましたが、変わったのは現行の Canary チャンネルなので、次のバージョンで実施されると予想されます。Source : Chrome Unboxing

■関連記事
壁やテーブルをAndroidタブレット化する「Xperia Projector」のハンズオン動画
Google Playストア v7.4.09.L-allがリリース
Runtastic、筋トレアプリ「Runtastic Results」をv2.0にバージョンアップ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。