体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

窓の断熱アイテムはカーテン式が手軽で効果的

窓の断熱アイテムはカーテン式が手軽で効果的

熱は高温から低温へ移動する特性から、冬場の室内の暖気は外へと逃げて行きます。家屋は断熱材を使用して室温低下を防いでいますが、窓には入っていません。このため、冬の室内防寒対策でもっとも効果を発揮するのが窓の断熱です。さっそく、手軽にできる窓の断熱アイテムを紹介しましょう。

窓に貼り付ける断熱フィルム

室内に光を取り込んだり、眺望のための大きなガラス窓の断熱は、保温に効果があるといわれるものの、二重窓や断熱ガラスにするのは高額なのがネック。そこで利用したいのが、手軽な窓の断熱シートです。

窓に直接貼り付ける「透明断熱フィルム」は、窓ガラスを簡単に2重構造にできるシートです。1本で窓1枚分のサイズ90W×180H×0.025Dmmで実勢価格は1,180円となっています。

貼り付け方法は、マスキングテープと両面テープを貼り、上から透明断熱フィルムを合わせていく方法。ドライヤーで熱風を当てて、フィルムのシワを伸ばせば設置は完了です。

カーテン式の窓の断熱シート

シートと窓ガラスの間にできる空気層が断熱効果を発揮します。透明フィルムなので、眺望を損ないません。赤外線サーモグラフィーで測定すると、フィルム貼付け前と後では0.6度ほど窓の温度が上昇しました。

「足もとあったかい!」はカーテン式の窓の断熱シート。カーテンレールに取り付けるだけで、冷気を抑えます。100W×225Hcmが2枚入りで、実勢価格980円。効果を高めるために、サッシ枠から15cmほどゆったり設置させるのがコツです。

設置方法は、カーテンレールにフックを引っ掛けるだけ。すそ部分に余裕を持たせて、窓際の冷気を軽減させます。設置してサーモグラフィで測定すると、未設置時よりも0.7~1.3℃まで温度が上昇しました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。