体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気女優、黒木華がドラマ撮影で困ること

人気女優、黒木華がドラマ撮影で困ること
J-WAVEでは1月9日(月・祝)に、「あったまるラジオ」をテーマにした特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TSUCHIYA presents ALL THE BEST COMFORT」(ナビゲーター:小山薫堂・クリス智子)をお届けしました。

番組では「あったまりそうなゲストの女優さん」(クリス)ということで、黒木華さんが登場しました。「黒木さんはこたつが似合いそう」と小山。黒木さんご自身は、お正月は大阪の実家に帰省して、ずっとお餅を食べつつ過ごしていたそうです。

この日は成人の日ということもあり、黒木さんの20歳の頃の話になりました。黒木さんは大学に通いながら、野田秀樹さんの舞台に出演していたそうです。

小山:成人式の時に、今の自分を想像してました?
黒木:全然、想像してませんでした。
クリス:そのときから女優になりたいとは思っていたんですか?
黒木:舞台は好きだったけど、女優になれるとは思っていませんでした。幼稚園の先生とかもいいな〜と思っていました。

黒木さんが幼稚園の先生だったら、パパもママもその幼稚園に入れたがるかも…という話になりました(笑)。黒木さんの分岐点は、野田秀樹さんのワークショップを受けたことだそうですが、「野田さんに会えるから」と“記念”のような気持ちで受けたとか。

「そこから、宮沢りえさんや古田新太さんが出演される舞台のアンサンブルとして出演したとき、こんな大学生の私も、プロの人の舞台に関われるんだと思ってからは、頑張れば女優になれるんじゃないかと思いました」とのことでした。

そんな黒木さんはまさしく「あったかい人」で、普段は怒ることがないそうです。

小山:悪いような性格の役柄と、自分に近い役柄とでは、どちらがやりやすいですか?
黒木:テンションが高い役は大変ですね。「リーガルハイ」(フジテレビ)ではテンションの高い役だったんですけど、撮影の進行がはやくて、いつテンションを上げたらいいのか分からなくて大変でした。家に帰ってもまだ興奮してたりして…。

そのほか「あったまるラジオ」というテーマに関連して、鍋の話に。鍋に欠かせないものの一つ、ポン酢ですが、小山が自分好みのポン酢を調合してくれる京都のお店を紹介し、黒木さんも興味津々の様子でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TSUCHIYA presents ALL THE BEST COMFORT」
放送日時:1月9日(月・祝)9時−17時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20170109/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。