体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

え?これだけ?毎朝1分のダイエット呼吸で、代謝を高めてやせ体質に整える

え?これだけ?代謝を高めてやせ体質に整えるダイエット呼吸
朝は午前中に向けて体内を活性化させ、身体をスムーズに動かせるようにするための“準備”の時間帯。この時間をどう過ごすかで、1日の代謝の良し悪しに大きな差が生まれます。明日から実践してほしい、朝のダイエット習慣をご紹介します。

朝すべきは「深呼吸」

たったそれだけ?はい、それだけです!

意外とできていないのが、深くて大きな呼吸。スマホや家事、仕事などに集中していると、ついつい呼吸が浅くなってしまいます。

体内に供給される酸素が少なくなれば、当然全身に運ばれる酸素も少なくなってしまいます。するとエネルギーを生み出すはたらきが弱まり、代謝が低下。呼吸が浅いほど、疲れやすく太りやすい体質になってしまうのです。

朝の時間に、1分でもいいので、落ち着いて呼吸だけに集中する時間をつくりましょう。ここでしっかりと呼吸を整えておくことで、その後も呼吸に意識を向けやすく、大きな呼吸を続けやすくなります。

呼吸が浅くなるイメージ

まずは、深呼吸をしてみましょう!

立っている人は、立ったままでOK。座っている人も、座ったままでOKです。

1.背筋を伸ばして胸を張りましょう
2.目をつぶって、呼吸に集中します
3.鼻呼吸で、10秒かけてゆっくりと息を吸い、10秒かけてゆっくりと吐き出します
4.20秒かけておこなうこの鼻呼吸を、5〜10回おこないましょう

5.ここで一旦ブレイクタイム。ぐ〜っと両手を頭の上で組み、伸びをしてください。
※このときも、呼吸は止めないように注意しましょう

6.伸びが終わったら、限界まで息を吸い、15 〜20秒かけてゆっくり限界まで息を吐き出します
7.最後に、自然に鼻呼吸をして呼吸を整えます

深呼吸のイメージ

すっきり軽やかな感じは代謝アップのサイン

深呼吸をすることで、酸素が十分に行き渡り、すっきりと身体が軽やかに感じられるようになります。「毎日こんなふうに軽やかな身体ではなかったわ!」という場合は、代謝が低い可能性あり。毎朝エネルギッシュな状態でスタートするようにしましょう。

まずは実践して、すっきり感を確かめてみてください。それだけで、身体の可動域が広がり、運動効果がアップしますよ。毎朝1分の呼吸習慣で、代謝の良いメリハリボディを実現させてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

カラダの中の大掃除!冬のダイエットは、旬の「大根」で決まりっ!
“年下彼氏”と“年上彼氏”。自分にピッタリの相手を見極める3つのチェックポイント
痩せる鍋!?草鍋がダイエットに良い訳
「エコファー」って何?知っておくべきファー(毛皮)の作り方と問題点
今年こそ素敵な彼氏を見つけたい♡2017年恋人GET年間計画!

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。