ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【絶対喜ばれる!福井県の人気お土産12選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
越前そば

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を地元民に大調査。

今回紹介するのは、日本海に面した福井県。断崖絶壁の東尋坊や越前海岸など自然美あふれる見どころが点在します。お土産ランキングは、若狭から京都へ海産物を運んだ通称「鯖街道」に由来する海産物、昔から愛されている和菓子、食卓の一品とバラエティに富んだものになりました。その他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!さっそくチェックしてみてね!

記事配信:じゃらんニュース

■目次

地元民の声を集めた「お土産ランキング」はこちら

定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報はこちら

~地元民の声を集めた「お土産ランキング」~

【10位】越前雲丹(うに)

越前雲丹(うに)

バフンウニの塩漬け。ウニ類で最も味が濃いと言われるバフンウニの旨みが、塩漬けにすることでさらに凝縮され、磯の香りと甘みが絶妙。ご飯にのせて、お酒のお供にと、独特の濃厚な味わいを楽しめる。福井の海の岩場には、ウニの餌となる良質の海藻が生え、古くからバフンウニ漁が盛んで、越前うには、コノワタ、カラスミと並ぶ日本三大珍味の一つと言われている。 価格:3,086円(70g)

販売元:田島魚問屋

【9位】永平寺のごま豆腐

永平寺のごま豆腐 永平寺のごま豆腐

ごまと葛を丁寧に練って作られるごま豆腐。永平寺の修行僧たちに、精進料理として愛されてきた。永平寺周辺には、ごま豆腐を食べられる食事処や土産店があり、気軽に立ち寄れる。「コクがあって、ゴマの風味がしっかり感じられる」「冷たくても温めてもすごく美味しい」「デザートとしても美味しく食べられる」など、様々な味わい方ができるのも魅力。 価格:團助濃厚白黒詰合せ1,340円(白黒各2個)

販売元:團助

【8位】おとなの焼き鯖寿し

おとなの焼き鯖寿し おとなの焼き鯖寿し

焼いた鯖を酢飯にのせた若狭地方の郷土料理。日本海の若狭地方で水揚げされた鯖に塩をして京都まで運んでいた「鯖街道」の食文化が継承され、福井では焼き鯖寿司や鯖寿司が各店で作られている。「おとなの焼き鯖寿司」は、酢飯に葉わさびを混ぜ込み、焼き鯖と酢飯の間にも茎わさびを挟んだのが特徴。つーんと辛く、お酒のお供にもぴったりだ。 価格:1,000円(1個)

販売元:番匠本店

【7位】竹田の油あげ

竹田の油あげ 竹田の油あげ

表面はかりっと香ばしく、中から大豆と菜種油の旨みがじんわりと出てくる油あげ。14cm四方、厚さ4cmと、その大きさと味に、誰もが驚く名物だ。こだわりの素材を使い、熟練の「揚げ師」が一枚のあげにつき約1時間、100回以上手作業でひっくり返しじっくりと揚げている。永平寺がある福井では精進料理としての油揚げが根付き、油揚げの消費量が多いといわれている。 価格:594円(1枚)

販売元:谷口屋

【6位】小鯛ささ漬け

小鯛ささ漬け 小鯛ささ漬け

三枚におろした新鮮な小鯛に塩を振って酢で〆、杉樽にいれたもの。小鯛の旨さを塩と酢で引き出し、ほんのりと杉の香りが移った味わいは秀逸。昔から、京都に海産物を献上してきた歴史と文化が育んだ若狭の郷土食だ。「樽の香りが程よく、酢加減も絶妙」「パッケージが珍しくて話題になる」など、ほかにはない美味しさとご当地感が支持されている。 価格:3,888円(大樽160g×2)

販売元:若狭小浜 丸海

【5位】鯖のへしこ

鯖のへしこ

鯖を塩漬けにし、さらに糠漬けにした若狭地方の郷土料理で、越冬の保存食として重宝されている。名前の由来は諸説あるが、漁師が魚を樽に漬け込むことを「へし込む」と言ったことから、「へしこ」となったという説が一般的。そのままや、炙ったりしていただき、「酒にもあうし温かい御飯にもお茶漬けにもあう」「やみつきになる旨味」などの地元民のクチコミにもあるように、食卓を彩ってくれる逸品。 価格:1,520円(1尾)

販売元:千鳥苑

【4位】五月ヶ瀬

五月ケ瀨

落花生の入った生地を石窯で1枚1枚丁寧に焼いた煎餅。石窯の遠赤外線効果で、落花生の脂分がじわじわと染み出し、こんがり香ばしい焼き上がりとなっている。小麦粉、砂糖、マーガリンを使っているので、「クッキーみたいで、ピーナッツが入っていておいしい」とのコメントも。「食べ始めると止められなくなる」など「幅広く愛されている」のがわかるコメントが寄せられた。 価格:864円(8枚)

販売元:五月ヶ瀨

【3位】えがわの水羊かん

えがわの水羊かん

夏のイメージがある水ようかんを、冬に食べるのが福井流。大きな平たい箱に入ったものを、好きなだけ切ってすくって食べるのが作法だ。暖かい部屋で食べるひんやり、つるんとした水ようかんは格別。由来には諸説あるが、大正、昭和の頃に、丁稚奉公する丁稚が、里帰りの折りに食べた和菓子だったというのが有力。また、添加物不使用なため、冷蔵庫のない時代に日持ちするようにと冬作られていたことが根付いているともいわれている。 価格:700円(1枚520g)

販売元:えがわ

【2位】羽二重(はぶたえ)餅

羽二重(はぶたえ)餅

蒸した餅粉に砂糖、水飴を加えて練った和菓子。シンプルな素材ととろけるような口当たりが特徴だが、食感、味など、店ごとに個性があり、食べ比べも楽しい。「羽二重」とは、柔らかな肌触りと上品な光沢が特徴の平織りの絹織物のこと。明治から昭和初期まで輸出生産日本一だった福井の絹織物の中でも、最上級とされた羽二重の薄く滑らかな肌触りをイメージして作られた。 価格:699円(2枚入り9包)

販売元:村中甘泉堂 本店

【1位】越前そば

越前そば 越前そば

福井県で食べられているそばで、コシのしっかりした平打ち麺を、大根おろしをたっぷり入れたみぞれ状の出汁で食べるのが特徴。そばの実の甘皮まで挽き込むので風味が強い。大根おろしを使うことから「おろしそば」とも呼ばれ、冬でも冷たい出汁でいただくのが一般的。「大根と蕎麦の相性が良く他県の蕎麦とは個性がはっきり違う」「越前おろしそばが一番おそばでおいしい」など、地元で愛されているのがわかるコメントが並び、堂々の1位となった。 価格:越前そば「旨味」 1,728円(そば6食つゆ付き)

販売元:越前そばの里

このランキングについて

旅のプロ・じゃらん編集部が取材と現地最新情報をもとに人気の食品土産を20種ピックアップ。そのリストの中から「美味しい」と思うもの5つを地元民に選んでもらい、合計得票数でベスト10を決定した。

【調査概要】

アンケート期間:2016年4月15日(金)~4月17日(日)

対象:福井県在住の20~69歳の男女

有効回答数:100件

調査内容:地元民が他県の方におすすめしたいご当地の美味しいお土産調査

調査方法:インターネットによるアンケート

~定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報~

雲丹醤

雲丹醤

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000000499/

雲丹醤とは

加工食品だからと言って侮るなかれ。鮮度の良い雲丹から作られた味は濃厚で、本物そのもの。 雲丹醤

「雲丹醤」の詳細はこちら

サバエドック

サバエドック

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000000493/

サバエドックとは

商店街のお肉屋さんから生まれたB級グルメ。ソースカツ丼がスティックタイプで手軽に食べられる! サバエドック

「サバエドック」の詳細はこちら

※定番&人気商品は2017年6月時点の情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。