ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【プロ野球順位予測】村上雅則氏「日ハムさらに強くなる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 二刀流で躍動した大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測! 日本人初のメジャーリーガー「マッシー・ムラカミ」こと村上雅則氏が注目するのは、古巣であり、MLB挑戦間近の大谷のいる日本ハムだ。

 * * *
 2016年シーズン、開幕から首位を独走していたソフトバンクとの11.5ゲーム差をひっくり返した日本ハム。勢いそのままに、2017年も期待できると思う。

 外野の要でセンターを守る陽岱鋼(29)がFAで抜けたが、その穴を埋める選手に事欠かない。走攻守と三拍子揃った岡大海(25)を筆頭に、谷口雄也(24)、浅間大基(20)ら生きのいい若手が揃っている。巨人からトレード移籍した大田泰示(26)の存在も面白い。外野ポジションのレギュラー争いが、チームに活気をもたらすのは間違いない。

 そして何よりも、ついに“本物の二刀流”になった感のある大谷翔平だ。米大リーグで、25歳未満の海外選手との契約金額に制限が設けられ、2017年オフにメジャー移籍するかは不透明になったが、球団は移籍容認を明確にしたのでモチベーションは高い。メジャー移籍の準備でローテーションを守ることを重視するのか、打撃にも重きを置くのかはわからないが、2016年の「投手で10勝、野手で22本」のラインは間違いなく超えてくる。

 その日本ハムと優勝を争うのはやはりソフトバンクだろう。ただ、セットアッパー・森福允彦(30)が抜けたのは痛い。9回の頭からと決まっているクローザーよりも、得点圏にランナーを置いたピンチでマウンドに上がるセットアッパーのほうが実力が必要。森福離脱の影響で落とすゲームが増えてくるのではないか。2強状態でペナントレースが始まっても、早い時点で日本ハムが抜け出すだろう。

 3位は西武からFAで岸孝之(32)を獲得した楽天。本拠地・仙台は岸の生まれ故郷だから、FA選手にありがちな阻害感もない。同じく東北(青森)出身で、ソフトバンクを戦力外になったキャッチャー、細川亨(36)を獲得したのもプラス。岸とは西武時代にバッテリーを組んでいるから、セットで活躍が望める。岸の加入は安樂智大(20)、小野郁(20)などの若手にもいい刺激を与えるはずで、2強以外の4球団のなかでは頭一つ抜け出せるだろう。

 セは巨人が一歩リード。ただ、大型補強はチーム内に亀裂を生みかねない。喜怒哀楽を表に出さない指揮官である高橋由伸・監督が十分なリーダーシップを発揮してチームをまとめられるか。そこが唯一にして最大の不安材料。

 巨人に迫るとすれば広島か阪神だろう。広島は常識的に考えれば黒田博樹引退で連覇は厳しくなるが、勝利の“味”を覚えた若手選手の間でいい競争が生まれれば可能性はある。

 阪神は、糸井嘉男(35)の加入で金本知憲・監督が掲げる機動力野球が確実に進化する。エンドランが得点に結びつくケースが増えるなど、1年目よりだいぶ楽に戦えるはず。機動力にスランプはないのだから。

 横浜は石田健大(23)や今永昇太(23)ら若手の奮起次第でAクラスもあるが、ヤクルトと中日はやや厳しい。最下位争いはこの2球団とみた。

【順位予測】
セリーグ/パリーグ
1位:巨人/日本ハム
2位:広島/ソフトバンク
3位:阪神/楽天
4位:DeNA/ロッテ
5位:ヤクルト/西武
6位:中日/オリックス

※週刊ポスト増刊2017新春スペシャル

【関連記事】
広澤克実さんの順位予想 一番元気な阪神が1位
大谷翔平 オフ返上で肉体改造に着手し体重100kgに増量計画
順位予想外した杉本正氏と広澤克実氏 その敗戦の弁

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。