体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

双子のうちの1人がタンスの下敷きになるも・・・まさかの救出劇!【動画】

双子のうちの1人がタンスの下敷きになるも・・・まさかの救出劇!【動画】

兄弟の絆とは素晴らしいものだ。たった2歳という年齢でも、この双子の兄弟の間には何か特別な繋がりがあるのだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=C1vwZ_NIJZc

これは、ある家庭に設置された「ナニー・カム(ベビーシッターが任務放棄や窃盗行為などを行っていないか監視する防犯カメラ)」が捉えた映像だ。タンスによじ登って遊んでいた2歳の双子の兄弟。案の定タンスは倒れ、双子のうちの1人ブロックちゃんがタンスの下敷きになってしまう。しかし、もう一方の双子のボウディちゃんは、タンスの下敷きになった兄弟を懸命に助けだしたのだ。一体、この小さな体のどこに、このような力があったのだろうか?

先日、双子の父親であるリッキー・ショフさんは、フェイスブックにこの映像を投稿。当初、この動画を投稿することに若干の抵抗があったが、使命感にかられ公開に踏み切ったのだという。

「最初はビデオを投稿することに迷いがありました。しかし、この映像で皆さんに改めて注意喚起して頂くということだけでなく、感銘をも受けて頂けるだろうと判断し、公開することを決めました。息子たちが強い絆で結ばれていることに感謝します。ブロックを助け出した時、タンスをどかしたボウディには何か大きな力が働いたのでしょう。2人の無事は本当にありがたいことです。皆さんのご家庭にあるタンスも、ボルトで留められ壁に固定されていることを今一度ご確認ください。そして、このメッセージをシェアして頂ければ幸いです」。

実際に映像を見ると、やはり信じられないような光景だ。2歳児がタンスの下敷きになっているシーンは衝撃的で、ヒヤッとさせられる。

ご家庭の家具は全てきちんと固定されているだろうか? 筆者は今夜、帰宅したら自宅のタンスをチェックするつもりだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】
BRAHMANのTOSHI
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
明石家さんまの神すぎるファン対応が「カッコよすぎる」と話題に

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。