体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

激ウマ節約つまみ! 噂の筋肉料理人の「残った餅でピーナッツチーズ焼きせんべい」

f:id:kinniku39:20161228234329j:plain

餅×チーズで激ウマのカリカリおつまみに!

こんにちは~、筋肉料理人です! あけましておめでとうございます! 今年も宜しくお願いします。

そろそろ正月気分も抜けてきた頃かなと思いますが、キッチンには正月用の餅がまだまだ残っていませんか? 年越し用の餅がお安く売っていたので買いこんじゃった、なんてこともあると思います。そんな餅を身近な食材で激ウマのおつまみにしちゃいましょう!

筋肉料理人の「残った餅でピーナッツチーズ焼きせんべい」

【材料】(2人分)

切り餅 2枚 ピザ用チーズ 40g ピーナッツ 20g しょう油、日本酒 各小さじ1 一味唐辛子 少々

作り方

f:id:kinniku39:20161228234347j:plain

1. ピーナッツはポリ袋に入れ、すりこぎ等でたたいて粗く砕きます。

2. しょう油と日本酒、一味唐辛子を混ぜておきます。

f:id:kinniku39:20161228234352j:plain f:id:kinniku39:20161228234355j:plain

3. 切り餅は電子レンジで20秒加熱して柔らかくし、包丁で大き目のサイコロに切ります。この時、包丁を軽く湿らせて切ると、包丁に餅がくっつきにくいです。

f:id:kinniku39:20161228234401j:plain

4. フライパン(フッ素樹脂加工)に切った餅を4カ所に分けて入れ、上にピザ用チーズ、砕いたピーナッツをのせて弱火でフタをしたら、チーズに焼き目がつくまで焼きます。フッ素樹脂加工のフライパンがない場合は、魚焼き用のホイルを敷いて焼くといいでしょう。

f:id:kinniku39:20161228234405j:plain

5. 焼き目がついたら返し、反対側にも焼き目をつけます。仕上げに2のしょう油タレをかけて味付けし、何度か返してしょう油の焦げる香りが出たらできあがり。

香ばしさとピリッとした辛さがビールに◎

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。