体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガガを担当したネイリストが、最新注目ネイルを紹介

ガガを担当したネイリストが、最新注目ネイルを紹介
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「ESTEE LAUDER MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」。1月7日(土)のオンエアでは、ネイリストのAyaFukudaさんをお迎えしました。

あのレディー・ガガからネイルを依頼されてネイルアートを担当。彼女を支えるチームの一員として一躍、脚光を浴びました。その後もニューヨークを拠点としてファッション業界で活動してきました。「私も彼女の噂をニューヨークでたくさん聞いたことがあります!」と、マリエは今回、Fukudaさんと会うことをとても楽しみにしていたようです。

Fukudaさんは現在、日本に戻って東京で活動をしているのですが、それまでは9年間もニューヨークにいらっしゃいました。ニューヨークに行かれたきっかけにはどんなことがあったのでしょうか?

「なんとなく、挑戦してみないとわからないなぁと思って。身一つで行ってみたんですよ」と。当時はまだネイリストではなく、ヘアメイクさんだったといいます。ネイルは趣味程度だったのですが、いつしかネイリストになったそうです。

そもそも日本とアメリカでは、ネイルの感覚に少し違いがあるそうで、日本はキラキラ、かわいい系とするなら、アメリカは「アート」かつ「モード」な文化なのだそうです。そんな違いがあるなかで、Fukudaさんはどのようなアピールをしていったのでしょうか?

「速く、キレイにできるっていうのを売りにしていったりとか、アートも、私も日本っぽくないアートが好きで、そういうのがたまたまあっちではウケて(笑)」

しかし、渡米した当時は、英語もままならなかったため、約1年半、語学学校に通い、ワークビザが取れてからも「事務所に入らないと仕事がないよ」と言われ、なんと100社ほども面接を受けにまわったそうです。「で、小さな事務所が決まって。そうしたら2、3カ月で、ガガさんからコールいただいて…」とFukudaさん。「速くキレイにできる」というFukudaさんの噂が、どこからかレディー・ガガの耳にも届いたようです。

そこから5、6年ほど彼女のチームとして活動されたそう。その後もニューヨークを拠点にトップネイリストとして活躍してきたFukudaさんに、2017年のイチオシのネイルをお聞きしました!

「『1本ネイル』。アクセサリーになるような1本のネイルを提案させてもらっているんですけども、指輪とかピアスとか、ジュエリー感覚でつけていただけるアクセサリーのネイルです」

スタジオで実際に見せていただいたのですが、「すっごいかわいい!」とマリエも大興奮! リングになっていて、第一関節にはめられるようになっています。キラキラしたストーンや、ファーも付いていたりとってもオシャレ! ネイルはずっとつけていると、ボロボロになってしまいますが、これだとそんな心配はありません。マリエは「流行りそうですね。私、これすごい使うと思います!」ととても気に入ったようです。こちらは、Fukudaさんが新たに立ち上げたブランド「STAMPNAIL」で扱っています!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。