体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「パナマ運河」以外の魅力もたくさん!きっと行きたくなるパナマの旅行記まとめ

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。
今回は中米の国、パナマを見ていきます。パナマと聞いて真っ先に思いつくのは「パナマ運河」ではないでしょうか。パナマ運河以外にはどのような魅力があるのか知っていますか? さっそく旅行記をチェックしていきましょう。

①レトロでお洒落で素朴なパナマ旧市街 

R1019148
最初にご紹介するのはTakuo Shikataさんの旅行記です。Takuo Shikataさんはパナマシティーの旧市街、カスコビエホを訪れました。レトロでありながらお洒落な街並みを素敵な文章と写真で紹介。この旅行記を読むだけでも、パナマの魅力が感じられるのではないでしょうか。

Takuo Shikata「ポテンシャルを秘めたカスコビエホ-パナマ

②パナマ運河の仕組みがよく分かる旅行記

DSC04400
「パナマ運河は川のように平坦な運河」というイメージを持たれている方も多いのでは? 実はパナマ運河には様々な仕掛けが隠されているのです。その仕掛けが分かるのがYuka Kimuraさんの旅行記。どうぞ、パナマ運河の紙上旅行をお楽しみください。

Yuka Kimura「パナマ運河を渡る!

③パナマは摩天楼都市?

1
パナマの意外な姿をレポートしてくれたのがTakuo Shikataさんの旅行記です。旅行記にある数々の高層ビルに驚かれるのではないでしょうか。パナマはパナマ運河から得られる交通料のおかげで順調に発展しているのです。世界的に有名な運河を持つ強みが分かりますね。

Takuo Shikata「運河で潤う摩天楼都市 ~パナマ・シティ~

パナマの日常生活が感じられる旅行記 

DSC02436.JPG
最後に紹介するのはKANAさんの旅行記です。KANAさんはパナマ在住の友人と一緒に、パナマでの滞在を楽しみました。観光地はもちろんのこと、日常生活が垣間見られる写真も魅力的です。パナマオススメのビールの紹介もありますよ。

KANA「パナマ 女子旅旅行記! 在住の友人と過ごしたパナマ3日間の旅

パナマへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。