体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【最高】ココでしか買えない激レアなアヲハタジャムが美味しいよ / アヲハタジャムデッキ

jam18

食パンに塗って食べると美味しいジャムですが、皆さんはどんなジャムを愛用していますか? スーパーやコンビニで買う人、パン屋で売ってる高級志向なジャムを買う人、なかには自分で手作りする人もいる事でしょう。

・アヲハタが「アオハタ」じゃない理由
そんなジャムの代表的な存在と言えば、アヲハタジャムですよね。なんで「オ」じゃなくて「ヲ」なのか調べたら「オ」だと上部に出っ張りがあるため、たいらな「ヲ」にしたんだそうです。

そのこだわりがジャムにも生かされているのか、もはや国民的なジャムブランドとなっています。ちなみに、記者はカリカリに焼いた食パンにイチゴジャムをたっぷりと塗って食べるのがお気に入りです。

jam12 jam13 jam11 jam10 jam9 jam8

・ジャムの歴史を知ることができる
そんなアヲハタジャムに、「アヲハタジャムデッキ」と呼ばれる一般人が見学できる旧工場を改築した施設があるのをご存知ですか? ここはジャムの歴史を知ることができるだけでなく、ここでしか買えない超激レアで超新鮮なジャムが販売されているというのです。

・瀬戸内海が広がる環境
記者は実際に出向いてみましたが、とにかく立地(環境)が良すぎる! 瀬戸内海がアヲハタジャムデッキの目の前に広がっていて、潮風が気持ち良い! 施設内は非常に広く、アヲハタジャムのドリンクやジャムを購入することができます。昔のジャムから現在のジャムまで、あらゆるジャムの歴史を知ることができます。

jam7 jam6 jam3 jam5
1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。