体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨネスケが語る、メジャーリーグの「粋」なところ

ヨネスケが語る、メジャーリーグの「粋」なところ
J-WAVEで放送中の番組「RAKUMACHI BIZ8」(ナビゲーター:青木裕子)。1月7日(土)のオンエアでは、大リーグ通の落語家、ヨネスケさんをゲストにお迎えしました。

落語家やTV番組「突撃!隣の晩ごはん」(日本テレビ)でも有名なヨネスケさん。さらに野球通としても知られ、日本のプロ、アマ、大学野球はもちろん、メジャーリーグにも詳しく1982年から現地でも観戦しているそうです。イチロー選手とも交流があり、日本で200本安打を記録した翌年から食事をしたりと交友を深め、年に一度はイチローの試合を観戦しにアメリカに行っているそう。「年に一度」といいつつも、一度に10試合以上、ときにはマイナーリーグの試合も観に行き、メジャー30球団のうち25のスタジアムを制覇しているという筋金入り。

メジャーリーグの魅力についてヨネスケさんは「粋なところ。江戸の『粋』と同じ」と語り「たとえばボルチモア・オリオールズの球場では、雨が降ってシートがかけられるときには雨の歌が流れる。晴れたら『オーバー・ザ・レインボー』のような晴れの歌がかかる。こういったところがカッコイイんですよ!」と熱く語っていました。

徹底したメジャーリーグのファンサービスについても教えてくれました。「ミルウォーキー・ブリュワーズは、4番バッターが欠場したときに、3万人のお客さん全員に10ドルのサービス券を配るんです。日本は相撲で横綱が休場するときに飲食券なんて配らないでしょ? 向こうはそういうサービスをするんですよ」とヨネスケさん。そのほか、アリゾナ・ダイヤモンドバックスの球場にはプールが付いていて泳ぎながら野球観戦ができ、サンディエゴ・パドレスの球場には子どもたちのために野球を観ながら頭をカットできる床屋があるなど、面白い球場の話題が次々と飛び出しました。

メジャーリーグを楽しむ現地の人の様子も語ってくれました。「球場を『ボールパーク』と呼んでいる。家族みんなで楽しむ場所だから」といいます。試合の開始時間も、日本の午後6時に対して7時のプレイボール。というのも、会社員の人が一度家に帰って食事をしてから家族と球場にへ行くため。逆に土日は、早く家に帰れるように昼間の試合にするなど一つ一つが工夫されていて、ヨネスケさんからすると「全ておしゃれ」なのだそうです。

さらにオンエアでは、「1000食を食べた」というヨネスケさんオススメの駅弁・空弁の話や、50年間、お正月は寄席で休みがないという本業の落語の話題なども次々と飛び出しました。

また、芸能ニュースでも話題になった、プライベートでの「熟年離婚」についても言及。「一人で料理をつくったり、冬至に大掃除を一人でしました」と告白していました。ちなみにヨネスケさんは「シニアごはん」(世界文化社)というレシピ本の共著もあります。難しい食材を使わずに気軽につくれるレシピ本で、ひとり暮らしの人が簡単に調理できるように考えたそうです。

このように、野球にはじまり、本業の落語、プライベートまでさまざまなお話をしてくれたヨネスケさん。「ひとり暮らし」から気が付いたアイディアを披露するなど、最後まで話題が尽きない様子でした!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RAKUMACHI BIZ8」
放送日時:毎週土曜 20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/biz8/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。